ブログで出し惜しみせずに公開しても損しないワケ

内藤です

ブログを書いてると

「ブログでどこまで情報出していいんだろう?」

と悩むことはありませんか?

「本当は有料級のことだし、ブログは誰でも読めちゃうし」と。

僕はこんな風に言われることがあります。

「無料で有益な情報を出してくださってありがとうございます!」

僕は出し惜しみせずに出せばいいと思っています。それが損することだと思っていません。

そう思うのには理由があります。

情報はすぐに広がる

今の時代、情報はあっという間に広がります。自分が有料で出していることも、誰かが無料で出していたりします。

そうなれば、無料の情報の方に流れる人が大勢でてきます。

自身に置き換えてみてください。有料のサービスのものを、他で無料でできないか、ネットで探した経験はありませんか?

変化は激しい

今は正しい情報でも、時が経つと正しくない情報になることもあります。

例えば、あまり知られていないfacebookの操作方法とかを、ノウハウとしてサービス提供したとします。でも、facebookの仕様が変わって、使えなくなれば価値がなくなります。

いつまでも自分だけシメシメと隠し持っていることはできません。

ブログで日付が分かるようにして公開していれば、いつの情報かがわかり、読者にとっても惑わす情報ではなくなります。

まとまっていることに価値があると思う人がいる

自分のブログの記事を全て読んで、全て覚えている人はいません。本人でも覚えてないのに(笑)

仮にいたとしても極々少数派です。

ブログ記事は、1記事1記事バラバラです。日々投稿していたら当たり前ですよね。

例えば、これらの情報が冊子やPDFまとめられていたりすると、それが欲しいという方もでてきます。ブログで探せば、でてくる情報なのにです。

欲しい形になっていることに価値を感じる人がいるということですね。 ですから、ブログで出しても損にはなりません。

実際に会って聞くことや直接習うことに価値があると思う人がいる

ブログで役立つ情報があっても、実際に本人の口から聞いた方が理解しやすいものです。

ブログにあることだとしても、実際のセミナーや講座で直接聞いた方が分かりやすく、細かいニュアンスも感じられます。

セミナーとか参加したことのある方なら、ブログとリアルの情報の濃さの違いって分かりますよね。

だから、全然損じゃありません。

信頼は減らない

ブログで役立つ情報を出したところで、信頼は減りません。

むしろ感謝されて信頼が高まります。

逆に「この人の商品なら買ってみよう」とか、「セミナーで実際に会ってみたい」ということに繋がります。

損どころか、むしろ得ですよね^^

ネットやブログで出し惜しみしないって、ファンを作る上でとても大事なことです。

目先の損得よりも、喜んでもらえるか、ファンになってもらえるかを考えたいですね〜