Facebookで嫌われる行為とは

内藤勲です

Facebookって今や大事なビジネスツールですよね。

使うことで一気に加速させてくれます。
アメブロで新規のお客さんが来なくなったところに、Facebookを活用して新規が増えたという方も沢山います。

第一印象になる場所

僕のお客様でも、僕を「Facebookで見たのがキッカケ」という方が増えています。

Facebookからブログ、メルマガ、セミナーなど繋がって行くケースが多いです。

つまり、ネット上で最初にであう場所がFacebookのパターンが多いということ。

このブログで沢山書いていますが、Facebookは存在をしってもらうのに非常に適した場所(メディア)です。
人が沢山既にいますからね。

ただし、その分、こんなことも言えます。

・どんな人なのかわからない
・何をしてる人か分からない
・信頼ができていない

まぁ、当たり前ですよね?

でも、それに対して当たり前じゃないことをすると嫌われてしまいます。

例えば、いきなり売り込むとか。

Facebookじゃ探してない

Facebookは、何かを探す場所ではありません。

何か探していたり、買おうと思っていたら、Google使います。 Amazonや楽天使います。

何かを買うつもり(欲しいと気付いていない)でFacebookを使っていないわけですから、「コレどうですか?」って突然言われても、「うっとうしい!」ってなるわけです。

その前に関係性作らないと。。

・どんな人なのかわからない
・何をしてる人か分からない
・信頼ができていない

わけですから。

Facebookで嫌われる行為

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問で返ってくる回答には、Facebookでの嫌われるこんな行為が書かれていたりします。

列挙しますね^^;

・商品やサービスの売り込み
・メッセージでいきなり売り込み
・興味のないFacebookページのリクエスト
・勝手にタグ付け
・自撮りどアップばかり
・自分のいい面ばかりをアピール
・勝手にグループ追加
・勝手にイベント招待
・挨拶のコメント
・コピペのメッセージ

などなど。

僕も、友達承認したら、いきなりメッセージで「○○の個別コンサル受けてください!」って売り込まれたことあります(笑)

そういうのは、すぐブロック。バレー経験が生きました^^

上にあげたような嫌われるような行為をせずに、

・どんな人なのか分かる投稿
・何をしてる人か分かる投稿

(商品をストレートに出すのではなく、仕事風景など見せる)
・信頼される投稿

を心がけましょう