お客さん目線も、自分目線も大事

内藤勲です

昨日我が家にレミパンが届きました〜

レミパンとは、平野レミが出している深型フライパンセット

奥さんが欲しがっていたので買いました^^

平野レミってあのぶっ飛んでる料理研究家です。

ぶっ飛んでて面白いのですが、サイトはすごくシンプルでいいです。

料理愛好家・平野レミをスーパーバイザーに迎え、すぐ作りたくなるアイデア料理や、元気が出ちゃうおいしいコラム、そして、キッチンを盛り上げるちょっとステキな商品を紹介しています。さあ、お腹の底から幸せになろう。

そしてまたコンセプトがすごく良いんです

サイトに書かれていること、こちらにも書きますね。

幸せは、キッチンから。

健康とか。節約とか。安全とか。
食のこと、考えるとたくさんあるけど。

おいしくなくちゃ、人生つまらない。
たのしくなくちゃ、料理はできない。
やさしくなくちゃ、笑顔になれない。

あっ!とおどろくアイデアと、
わっ!とうれしいコダワリで、
キッチンに、もっと多くのシアワセを。

Cook Your Happiness.

お腹の底から幸せになろう。

いいですよね〜

これを見て、僕も

幸せのキッカケは、ネットから。

って置き換えられるな〜って思いました

「幸せは、キッチンから」

って良いですよね。

平野レミが料理してる様子も楽しそうですもんね〜

料理してる本人が一番楽しんでる。
というか、自由すぎる(笑)

見てる方も笑える。
もちろん、料理のためにもなるけど^^;

お客さん目線も、自分目線も大事

よく「お客様目線」とか、「自分目線」て言いますよね

自分目線じゃなくて、お客さん目線だ! って。

でも、僕は思うんんです

お客さん目線も、自分目線も大事。

お客さん目線を最優先にして自分を犠牲にして、
「お客さんのためだから。お客さんのためだから。。」
ってやっていたら続きません。

逆に、お客さんを無視して、自分の好き勝手やっていたら「交換」が出来ません。

ビジネスって交換ですから。

だから、お客さんも自分も喜べること。
お客さんも自分も幸せになること。

だから、両方の目線が大事です。

お客さん目線も、自分目線も。

そんな風に僕は思います。

ネットは幸せのキッカケになるものです。

疲弊したり、苦しむためのものではありません。

完璧なんてありませんから。

自分がまずは楽しみましょ^^