Instagram(インスタグラム)で集客するために必要な3つのポイント

内藤です

Instagramの人気が高まっていますよね。

僕も数年前にアカウントを作っておりましたが、風景写真メインで投稿していました^^;

こんな感じ ↓

Instagramでも集客は可能

今日、「自宅で子供の帰りを迎えられる思い通りの働き方」を提案されている福木文咲恵さんと話をしていて、Instagramでもファン作りや集客ができるなって話になりました。

福木さんは、自宅でカルトナージュサロンもされていますが、数年前Instagramで作品をアップすると、申込みが殺到してたそうなんです。

あまりに殺到してしまいオーダーを受けるのを止めてしまったそう。

福木さんのインスタグラム

See Instagram photos and videos from ふくきふさえ (@fusafuku)

福木さんのブログ

福木文咲恵さんのブログ「吉祥寺・杉並・カルトナージュサロン・LuxeTime自宅で子供の帰りを待っていられる働き方」です。最新記事は「1歩先の自分を先取りすると、うまくいく♡」です。

Instagram、facebook、TwitterなどSNSでも色々あります。

そしてそれぞれで、ユーザーの年齢層が違っています。

Instagramは特に10代〜30代前半の女性が多く使っています。

ニールセン デジタル株式会社はニールセンの視聴率行動分析部門です。世界標準のインターネット視聴率、スマートフォン視聴率、デジタル広告視聴率などの提供をおこなっています。

今回の記事も、Instagramがいいということではなく、見込み客がInstagramにいる業種業態なら集客にもつながるということです。

Instagramが人気の理由

Instagramが人気の理由には、こんなことがあげられます

・実名じゃなくても利用できる
・写真のフィルターでおしゃれな加工ができる
・手軽・気軽

実名じゃなくても利用できる

facebookは実名登録が原則ですが、Instagramは名前が本名ではなくても登録が可能です。

名前は出さずに利用したいという人もなかにはいるでしょうから、facebookよりも気軽に始められます。

写真のフィルターでおしゃれな加工ができる

Instagramにアップする写真は、予め用意されているフィルターでおしゃれに加工できます

スマホで撮った写真でも、フィルターを使えば、いい雰囲気の画像にできます

手軽・気軽

Instagramは、必ず写真か動画をアップします。

長い文章を書くというよりも、写真や動画と短い文章で投稿する人が多いので、短時間でアップできて手軽です。

文章を考える必要がないので、気軽に投稿できるのがメリットですよね。

Instagramの難点

でも、Instagramにはこんな難点もあります

・拡散しにくい
・投稿にリンクをおけない

拡散しにくい

Instagramには、シェアボタンがありませんので、インスタ内での拡散性が低いです

ハッシュタグをうまく使って、インスタ内の検索から見つけてもらうことが必要になります。

投稿にリンクをおけない

Instagramの投稿では文章は書けても、リンクをはることができません。

URLを書いたとしても、リンクにならないのです。

ですから、投稿ごとにブログやサイトへの誘導がしにくいです。

申込みはどこから?

では、どこから申込みが来るのでしょうか?

Instagramのダイレクトメッセージ

1つは、Instagramのダイレクトメッセージ

普段の投稿を見て、興味を持った人が直接ダイレクトメッセージを送って申し込んで来るケースです。

福木さんも以前ダイレクトメッセージから申し込みがあったそうです。

僕の奥さんはヘアカタログのモデルをしていますが、奥さんもInstagramのダイレクトメッセージからオファーが多いです。

個人のホームに表示できるリンクから

プロフィールで設定できる「ウェブサイト」

ここが唯一自分のサイトにリンクにできる箇所です。

ホームにリンクとして表示されます。

投稿を見て、興味を持った人がホームにいて、リンクをクリック。
 ↓
リンク先のサイトから申し込み。

という流れが考えられます。

ダイレクトメッセージにしろ、ホームのリンクからにしろ、日頃の投稿を見て関心を持ってもらったり、ファンになってもらうことが大前提です。

Instagramで集客するために必要な3つのポイント

インスタグラムで集客やファンを作るために大事なポイントは3つ

・写真
・ハッシュタグ
・文章

福木さんとお話していて、この3つが大事だと感じました。

写真

説明するまでもありませんが、写真がメインのSNSですから、写真が大事です。

でも、ただ単にきれいな写真ではなく、人気(ひとけ)があったり、ホームで一覧を見た時に世界観が統一されていることが大事です。

ハッシュタグ

半角の # に続けて書く「ハッシュタグ」

ハッシュタグで文章を書く人もいるほど、インスタグラム内では使われています。

ハッシュタグは、インスタグラム内の検索にヒットします。

ハッシュタグを沢山つけていれば、検索からたどり着いて見てもらえたり、フォローしてもらえることが多くなります。

地名、気持ち、商品名、個人名、その時の状態など、なんでもありです(笑)

検索で使われやすい言葉をハッシュタグにするのがいいですね

文章

そして、実はInstagramでも大事な文章。

「Instagramの人気の理由」のところで、手軽さをあげましたが、実は見る側は文章もよく読んでいます。

福木さんの友人にもインスタから集客できている方がいるそうです。

その方は、フォロワーが4000人以上いて、こんな特徴があるそうです

・フォローのお返しを期待しての自らフォローはしてない(フォロー100人以下)
・写真もそこまできれいじゃない(笑)
・ハッシュタグもあまりつけてない
・文章が長い
・コメント返しも長い文章

写真もそこまでじゃなくて、ハッシュタグもあまり使っていないのに、人気。。

上であげた2点と違うのですが^^; 大人気。

長い文章がいいということではなく、「好きなんだな」って伝わってくる文章です。

ですから、やっぱりInstagramでも、熱量のある文章は心を動かします。

そして、コミュニケーションが関係性を築きます

写真もハッシュタグも、もちろん大事なのですが、やっぱりファンを生むのって「言葉」だなって思いました。

まとめ

Instagramは、これまで「モノ」がある人にはいいメディアだと思っていました。

だから、僕のようなサービスには向かないと。

でも、写真+文章で、ファンを作るにはいいメディアだと気づきました。

人に興味を持って、そしてやっていることに興味を持つ、という流れもありますからね。

参考になりますと嬉しいです。