ホームページにもブログにもなるWordPressの魅力

内藤です

WordPressは、ホームページにもできるし、ブログにもできます。

ホームページ」って、本来は「最初に開いたページ」のことですが、今一般的には企業のサイトや店舗のサイトなどの「Webサイト」のことを呼んでいますね。

企業理念や、商品のメニュー、アクセス、お問い合わせのページがあって、お知らせが時々更新されるようなイメージをもつ方が多いじゃないかなと思います。

そして、ブログはテーマにそった内容を日々更新して書き溜めていくもの。
ですから、ホームページとブログを別々で用意して使ってる人も多いのではないでしょうか

それがWordPressでは、1つでできるのです。
ホームページ的な要素とブログ的な要素と。

例えば、さいたまスーパーアリーナのサイトもWordPressで作らてます。

もちろんブログだけとしても使うことが可能ですが
言い換えたら「ブログの入ったホームページ」「更新しやすいホームページ」とも言えます。

WordPressでそれが可能なのは、2種類の記事があるからです。

投稿と固定ページ

WordPressには、「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。
(カスタマイズをすると更に種類を増やすことも可能)

投稿は、いわゆるブログのようにテーマにそって(WordPressではカテゴリー)記事を書いていきます。
固定ページは、固定的な記事が作れます

この2種類の記事を使い分けることで、WordPressを更新しやすいホームページ(Webサイト)として使うことができます。

投稿

投稿は、更新性のある記事を書く際に使います。
いわゆるブログの記事投稿と同じです。

例えば、通常のブログのような使い方もできますし、『お知らせ』など定期的に更新のあるものに使う事ができます。

「投稿」の新規投稿画面

投稿は、カテゴリー別けができたり、タグを設定することもできます。

カテゴリは記事のグループ別けをする時に使い、カテゴリ同士を階層化して親子関係を作ることもできます。

タグは、記事のキーワードになるものを設定することができます。タグはカテゴリと異なり、階層化ができません。
必ず設定しなければならないものではありませんが、設定しておくと読者さんにも便利になるでしょう

固定ページ

固定ページは、更新性のないページを作る時に使います。

例えば、『アクセス』のページや、『会社概要』などのページに使う事ができます。

固定ページは、カテゴリー別けやタグが設定できませんが、親ページを設けて階層化することができます。

メニューの設定

ワードプレスでは、ヘッダーの下にメニューバー(グローバルナビゲーション)を付ける事ができます。
※wordpressのバージョンやテーマ(デザインテンプレート)によって異なります。

何も設定していない、初期の状態では「固定ページ」が自動的にメニューバーに表示されます。

でも、メニューバーに表示させたくない固定ページもあれば、投稿のカテゴリーや外部サイトを入れたいこともあります。

メニューバーは自由に項目を設定することができます

まず、「外観」⇒「メニュー」を開きます

メニューは複数作ることができます。まずは、メニューのグループを作ります。
『新規メニューを作成』から、メニューの名前をつけて作成ボタンをおします。

①左の固定ページ、リンク、カテゴリーからメニューに入れたいものを選んで追加します。 リンクは、外部サイトなどを加えたい場合に使います。

②メニュー構造の中の順番を入れ替えたり、階層を作ったりできます。

③メニューはヘッダー下、フッター部分に入れることができますが、どちらに入れるか設定します。
この設定を行わないと、メニューのグループを作っても、初期状態(固定ページが全て表示)のままです。
また、テーマ(デザインテンプレート)によっては、ヘッダー下以外にもフッターなどメニューが設置できる場所も異なります

最後に『メニューを保存』をクリックします。

※ここで作ったメニューは、ウィジェットの『カスタムメニュー』としてサイドバーなどに設置することもできます。

並び順や親子関係(サブメニュー)を作ることも可能です

まとめ

今回紹介したように、WordPressはブログとしてだけではなく、ホームページ(Webサイト)としても使えますので、参考にしてみてくださいね

募集中のセミナー

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

内藤 勲メルマガ

TwitterやFacebookでも発信しています