iPhoneのメモアプリ3つの便利な使い方

便利ツール

内藤です

スマホでメモを取りたくなる時ありませんか?

iPhoneのメモアプリ3つの便利な使い方

電車の中でアイデアを思いついて、忘れないようにメモしたい。
本を読んでいて、名言が出てきたら残しておきたい
買い物に行くのに買い物リストを作りたい

など。

iPhoneを使っている方は多いと思いますが、Macも使っているなら「メモ」がおすすめです。

▼僕はよく使うのでドックに入れてます。

iPhoneとMacで同期ができる

iPhoneにも、Macにも元々入っていて、わざわざダウンロードする必要がないということもありますが、一番は同期ができるからです。

どういうことかというと、Macでノート(1つ1つのメモのことをノートといいます)に書いたことをiPhoneで見ることができる。逆に、iPhoneでメモしたことが、Macでも見ることができる。

ということです。
もちろん、見るだけではなく、書き加えたり、修正もできます。

▼iPhoneとMacのメモが同じ状態に

フォルダで分類できるので整理しやすい

メモのノートは書き溜めていくと、数が増えて整理しにくくなります。

「メモ」はフォルダを作ることができますから、分類できて整理しやすくなります。

ノートを書いて、後で見返したいときもフォルダ分けされていると見つけやすく、ストレスになりません。

▼新しいフォルダを作る場合は右下にある「新規フォルダ」から作ります。

あとはそのフォルダ内で新しいノートを作ったり、既にあるノートを移動させます。

他の人と共有できる

「メモ」は、ノートごと、あるいは、フォルダごとに他の人と共有ができます。

自分のiPhone、Mac以外にも、別の人と同期ができるってことです。
共同で作業を進める場合や、メモを見せたい場合に使うと便利です。

▼ノートを共有する場合は、上部にある人形にプラスのアイコンをタップ

▼フォルダごと共有する場合は、共有したいフォルダを左にスライドさせて共有アイコンをタップ

▼共有相手を招待する方法を選びます。

相手が確認できれば共有できるようになります。

▼共有したメモは、「共有オプション」から「変更可能」「閲覧のみ」の権限も設定できます。

iPhoneとMacで共有できるように設定

メモの良さを紹介しましたが、じゃどうやって共有できるようにするか説明しますね。

▼iPhoneのシステム環境設定アプリから、名前が表示されている部分をタップ

▼iColudをタップします

▼メモをオンにします。

これで共有ができるようになります。

▼Macからの場合は、システム環境設定を開いて、Apple IDをクリック。

▼メモをオンにします。

iColudのログインを求められる場合は、自分のiColudアカウントでログインして進めてくださいね
 
  
シンプルで、さっと使えるメモを使ってみてくださいね

タイトルとURLをコピーしました