自分が苦手なものは得意な人に任せ、自分が得意なものは苦手な人の力になる

考え方

 内藤です

『苦手なことを克服するより、得意なことを伸ばそう』

こう言われることがよくありますよね。

分かっているけれど、ついつい一人で苦手なことも全部やってしまうことはないでしょうか?

特に個人でビジネスしていたり、起業しはじめのころだったりするとやってしまいがちです。

でも苦手なこともやっているとこんな良くないことがあります。

  • 苦手だから時間がかかる(時間が取られる)
  • ストレスになり、嫌々やることになる
  • 本来やるべき得意なことに力が入れられなくなる

今は苦手だけれど、好きだし、学びたいとかならいいと思いますが、基本はやらない方がいいです。
外注してしまうとか、人にお願いするとかしてしまった方がいい。

僕もついつい自分一人でやってしまうところがありますが、苦手なものは自分でやらないようにしています。

例えば、経理とか、デザインとか。

外注したり、人にお願いすることで費用はかかってしまいますが、その分時間も作れるし、ストレスもなくなります。
本来やるべき自分の得意なことに力を注ぐことができます。

やらないことリストを作る

それでもついついやってしまう場合は、やらないことリストを作りましょう。

やらないことリストを作り、自分ではやらないというルールにします。

やらないことリスト
・経理
・デザイン
・信頼できない人との仕事

こんな風なメモをスマホに入れて、時々確認しています。
「やらない!」と決めたのに、忘れてしまうこともありますからね。

実際に僕は、経理は税理士さんにお願いしています(入出金の確認や月々の数字は見てます)。
デザインの相談がある場合は外注に出すか、断ります。
 
 
苦手なことを克服することは素晴らしいことですが、得意なことをもっと伸ばして、もっと人の役に立ったらいいと僕は思います。

だから、できないこと苦手なことがあっても落ち込んだりせずに、できること得意な方にフォーカスしましょう。

自分が苦手なものを得意としている人がいるから、そういう人に任せたらいい。
自分が得意なものを苦手としている人がいるから、そういう人の力になったらいい。

タイトルとURLをコピーしました