Facebookやブログの投稿が日記にならないようにするコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ブログやFacebookの投稿が日記になってしまう」

とか、

「プライベートのことは載せた方がいいの?」

とか聞かれることがあります。

これは僕の考えですが、日記は駄目ですが、「人」が見えるような投稿はした方がいいです。特にタレントビジネス(自分が商品の人)の方の場合は。(もちろん日記として使いたいなら日記でいいです)

伝えるものがあるかないか


例えば、ラーメン屋さんに行ったとして

ランチなう

これだと日記と変わりません。 

ラーメン屋シリーズなどシリーズ化していれば、その人の意図が見えてきますが、行くランチ行くランチ載せていると日記になります。

これが次のような投稿ならどうでしょう

ラーメン屋さんに行きました〜

ラーメンて、麺とスープが主役ですが、麺とスープだけのラーメンて商品としては魅力がありません。
チャーシュー、メンマ、のりなどの具があってこそ、おいしいラーメンになります。

つまり、単品単品ではなく、それぞれが合わさって絡まってこそ良さが発揮されます。

これってメディアも一緒ですよね。ブログ、Facebook、メルマガなど、それぞれ単体ではなく、連動して絡まってこそ強い「自分メディア」になりますね

1つが良いのではなく、全体があるから1つの良さが分かります。

ちなみに行ったラーメン屋さんは山形の「すずまさ」。 味噌チャーシュー850円 おいしかったです!

いかがでしょうか?

同じ写真をアップしていても発信内容が違います。

後者は、「ラーメン」から「読者に伝えたいこと」に繋げています。

読み手に伝える


こうすることで、読み手には

・人
・伝えたいこと(メッセージ)
・ラーメン情報


が伝わります。

ラーメンの写真を出すことで、むしろ伝えたいことが伝えやすくなります。それは比較や例えになるからです。

出来事を出来事で終わらせない


上記の例でも使った写真は同じです。

ラーメン屋に行ったという出来事は同じです。 それを「行った」という出来事だけで終わらせると伝える相手も伝える内容も不明確です。

その出来事を引き合いにして、自分の発信しているテーマに絡ませることで単なる出来事で終わらなくなります。

「なるほど〜」と思ってもらえやすいですし、出来事も書いてますから「人」がみえてきます。

伝えたいことだけ伝える文章だと、固い文章になりやすいですが、こうすることで柔らかい感じになります。

1つの投稿で、沢山の事が伝えられるわけです。タレントビジネスの場合、すごく有効です。

繋げることを考える


「出来事」と「伝えたいこと」を繋げることで日記にならない投稿になります。


あった「出来事」から「伝えたいこと」を考える場合もあれば、「伝えたいこと」があって、それに繋がる出来事を思い返すという場合もあります。

いずれにしても、どう繋げるのか? これがポイントで簡単ではないのですが、文章力をあげるトレーニングにもなります。

最後に


日記は基本的に自分に向けたものです。 

投稿は発信ですから、伝える相手がいるか、伝えたいことがあるかを意識しなければいけません。

投稿が日記のようになりがちの方は参考にしてみてください

自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問


お名前(苗字のみ

メールアドレス   
※お間違えのないようご注意ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。