写真は背景にこそ気を遣うべき

内藤です

ブログやFacebook、Instagramで写真を使うのはとても効果的です。

文字だけでは伝えきれない情報がありますからね。

ただ、写真撮ったら何でも良いわけではなくて、イメージ良く伝えないと勿体ないです。

例えば、何かの集まりで集合写真を撮ったとき。

参加者の笑顔も雰囲気も良いのに、その前にある散らかったテーブルも映り込んでいたり、バックがゴチャゴチャしていたり。。

そんな写真ないでしょうか?

被写体が折角良くても、背景で台無しにしてしまうことがあります。

撮ろうとしている被写体だけではなく、背景にも情報が詰まっていますので、見た人は被写体以外のものにも目が行ってしまいます。

今スマホで気軽に撮ってアップ出来ますが、背景にこそ気を使った方がいいです。

※ブログのデザインなんかでも、一番読んで欲しいのは記事なのに、サイドバーや背景がうるさいと集中してもらえません。

しかし、カメラのレンズによっては、背景がごちゃごちゃしていても、それが「味」になることもあります。

例えば、このような写真

背景はごちゃごちゃしていても、ぼやけているので、自然と手前の被写体が浮き上がって逆に目に入りやすくなります。

こういうのもそうですね。

この2枚の写真は単焦点レンズを使って撮っているので、背景がぼやけます。

背景がぼやけずに全てはハッキリ見えていると、何を見せたいのか分かりません。
ごちゃごちゃした印象しか与えられません。

僕はカメラは、ドがつくほどの素人レベルですが、「写真がいいですね」と言われることがあります。

それは、「どう見せたいか?」を考えて、背景やアングルを意識して撮っているからだと思います。

あ、もちろんロケーションとレンズも(笑) これかなり大きい^^;

「ただ写真を撮る」のではなく、「どう見せるべきか?」考えたいですね〜

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。