しくじり先生に学ぶ、本当の「ファンを大切にする」ということ

内藤です

「しくじり先生 俺みたいになるな!」っていう番組が好きです。

しくじり先生って、テレビ朝日でやってる番組ですが、人生でしくじってしまった芸能人、有名人が先生となり、自ら犯したしくじりを教訓として授業を行うものです。(毎週やっているわけではないです。)

[blogcard url=”http://www.tv-asahi.co.jp/shikujiri/”]

毎回面白くて、ブログやセミナーとかでもネタになるような話が沢山でてきます。

テレビの世界って華やかな世界ですが、僕らに見えているのって、極々僅かで、その裏にあった秘話や、先生の思いなど、すごい勉強になります。

以前、堀江さんが出ていた時の記事も書きました
⇒ Facebookで自己開示することで得られる信用・信頼

で、ちょっと前になりますが、2月22日は元TBSアナウンサーの小林麻耶さんがしくじり先生でした。

小林麻耶さんと言えば、「ぶりっこ」キャラですが、「八方美人として嫌われちゃった先生」として登壇します。

YouTubeとかで探せば多分出てくるので、一度見て欲しいですね〜。

嫌いな女子アナウンサー1位とか、顔を見たくない女子アナ1位とかだったみたいで。

「ぶりっこ」「八方美人」と言われながら、本人は嫌われてるって自覚し、それに悩んで自分を無くしていたと言います。

特に同性の女性からは嫌われやすい印象が確かにありますよね。

最近またよくテレビにでるようになって、以前に増してぶりっこが強いですが、開き直り感もあります。

その理由をこんな風に言っていました。

どうせ嫌われるなら、自分を殺して八方美人になるより、ありのまま出して、自分の思いを言って嫌われちゃった方がいい

いいですね〜。本当にそう。

何言っても、あーだこーだ来る人いますが、その人に合わせる必要はありません。

小林麻耶さんが犯した最大のしくじりは

自分の事を嫌う人ばかり意識して、自分の事を好きな人に目を向けられなかった。

ということ。

これ、ブログやFacebookの発信でもそうですよね。

楽しみに読んでくれている人がいるのに、「何か言われるんじゃないか」「叩かれるんじゃないか」とか気にしすぎて何も書けなくなる。

こういう方って多いと思います。

本当に

どうせ嫌われるなら、自分を殺して八方美人になるより、ありのまま出して、自分の思いを言って嫌われちゃった方がいい

です。

大事なのは周りの評価ではなく、自分の気持ち、あり方です。

それが、本当にファンを大切にするってことですから。