その場にいるから分かる「循環」の流れ

昨日は、中尾亜由美さんとのトークライブ@東京でした

大阪も東京も笑いの絶えなかったです。

全然打ち合わせはしていないのですが(笑) だからいいのかも。

ご感想も沢山いただいています^^
⇒ 出版記念、内藤勲さんとのトークライブ東京編【ご感想一覧】|大人かわいい手作り服作家・中尾亜由美「衣更月きさらぎ」

さて今回のトークライブもそうでしたが、こういったセミナーやイベントはドタキャンがつきものです。

ドタキャンて、とてももったいないです。
(どうしても回避できない理由なら仕方ありませんが)

「話が聞けない」というものも当然ありますが、それ以上にもったいないものがあります。

それは信頼を失うということ。

開催に向けて色々準備をしてきているわけなのですが、キャンセルされると席数の調整、返金処理、キャンセル待ちの方への案内など、やることが増えます。 精神的にも、どっと疲れます(笑)

そして、次に何かを申し込んでも、またキャンセルするんじゃないか? って思ってしまいます。

だから、もったいない。。

でも、やっぱり来てくれる方に集中するべきで、来てくれた方は必要なものを受け取って帰ってくれるんですよね〜

大阪でも東京でも、最後にあることをしました。

これだけは事前に打ち合わせしていたことで、話すテーマを実際に体験してもらおうという意図で行いました。

みんな隣の方とワサワサ(笑)

ひとりひとりに今必要なメッセージが送られたと思います。
こればっかりはその場にいるからこそ感じられるエネルギーです。

皆さんの感想からも、それは分かります^^

今回のトークライブは、そもそも中尾亜由美さんの出版記念として企画されたイベントでした。

どんなものになるのか予想出来ませんでしたが、結果とても楽しく、僕らが伝えたいことの「種」を参加して下さった方に渡せたんじゃないかなって思います。

ご参加くださった皆さん、どんどん広げてくださいね〜 ^^

6月の「自然体で自分らしくファンを作る メディア構築セミナー」募集開始しました〜