FacebookページとFacebookグループの違いを理解して、コミュニティを作ろう

内藤 勲です

Facebookのグループってとても便利ですね〜

よくFacebookページと間違ってしまう人もいますが、Facebookグループは別です。

Facebookヘルプセンターにはこのように書いてます。

Facebookページでは、実在の団体、会社、有名人、ブランドが、「いいね!」と言ってくれた人たちと幅広くコミュニケーションをとることができます。Facebookページを作成および管理できるのは、公式の代理人のみです。

グループは、人々が共通の趣味・関心について交流するための場です。グループは誰でも作成できます。

Facebookページとグループはどう違うのですか。 どちらを作成すればよいでしょうか。 | Facebookヘルプセンター

違いを簡単に表にすると

Facebookページ Facebookグループ
 公開先 ・全Facebookユーザー
・Facebookをやっていない人でも見れる
公開(Facebookユーザーにメンバー、投稿内容を公開)
非公開(投稿内容を非公開。グループ、メンバーは公開)
秘密(グループの存在自体非公開)
がある
投稿の流れ方 ページに「いいね」をしたらニュースフィードに流れる(全てではない) メンバーになるとニュースフィードに流れ、通知もされる
コミュニケーション アカウントがFacebookページの為、「人」が見えにくく、コミュニケーションが生まれにくい(一方通行になりやすい) メンバーが個人のアカウント同士の為、コミュニケーションが生まれやすい
その他機能など ・ブログ等に埋め込みできる
・ローカルビジネスはチェックイン機能が使える
・WordPressなどは、ブログから同時投稿も可能
・広告が使える
・グループ内でイベントをたてたり、アンケート(ツール)を取ることもできる
・ファイルのアップロードができる
・メンバーをコントロールできる

※Facebookページ、グループともにいくつでも作ることができます。

Facebookページは、Facebook外との繋がりもあり、例えばブログへの入り口にもできます。

一方Facebookグループは、そもそもFacebookをやっていないといけないので、Facebook内の繋がりになります。その代わりメルマガのような濃いコミュニティを作る事も可能です

僕もチームコンサル用にグループを使っています

秘密のグループにしていますので、グループの存在自体が知られていませんので、勝手に参加されることもありません。全て管理者側でメンバー追加、削除が可能です。

「イベント」を使って、グループ講座の案内と参加の有無を取っています。

「ファイル」で、グループ講座の音声や、大事なノウハウなどのテキストをアップしています。メンバーはそれらをダウンロードして使うことができます

※音声はサーバーにアップして、そのURLをリンクさせています。

「ディスカッション」では、通常のFacebookの投稿の様に、書き込んだものに対してメンバーがコメントを付けることができます。
質問や報告など受け付けることができます。

アンケートで投票形式で答えてもらうことも可能です
4

グループの注意

グループは気の知れた仲間が集まると、コミュケーションも活発になり、双方向のやり取りが生まれ、とても盛り上がります。

しかし、誰でも参加できるものだったり、グループの意図が不明確だったり、投稿が不定期だったりすると、コミュニケーションが生まれません。シーンとしてしまって、発言しづらい場にもなりかねません。

ですから、何の為のグループかという目的や方向性を打ち出していくことが大切です。もちろん、双方向のやり取りがでて盛り上がるようなキッカケを作ることも管理者には求められます。

使い方によってはメルマガ以上の反応もでてきますので、取り入れてみてくださいね

ただし、メンバーを勝手に追加して増やすのは信頼をなくすのでやめましょう。 
知らないうちにどこかのグループに入れられてたって結構ありますので^^;