承認してもらえるfacebookの友達の増やし方

内藤勲です

Facebookでどれだけ多くの人に投稿を見てもらえるか? って非常に大事なことですよね。
以前も書きましたが、ネットで売れない一番の原因は知られていないってことですから。

⇒ ネットで売れない原因の一番

Facebookの繋がりを増やす

ですから、Facebookを活用しようと思ったら、知られるように、まずは「繋がり」を増やしたいです。

繋がりとは、友達とか、フォローする、フォローされるとか。

自ら申請する

簡単に繋がりを増やす方法は、自分から友達申請をどんどん出していくってことです。
でも、闇雲にやったり、立て続けに申請ボタン押しまくったりするのは良くありません。

薄い繋がりになったり、あるいはアカウント停止になる恐れもあります^^;

ではどうやって繋がりを増やしていくのがいいのか?

僕は今こんな風に勧めています。

自分の投稿にいいねを押してくれた人に友達申請を出す。

投稿にいいねを押してくれているわけですから、自分の名前を見ています。
どんな内容を投稿したのかも分かっています。

だから、申請を出すと友達承認してもらいやすいです。

そして、メッセージは承認してもらってからお礼を出すようにします。

メッセージもなしに友達申請するな! って方もいますが、そもそも友達になっていない段階でメッセージ送っても、フィルターで届かずに気付かれない場合も多々あります。

友達承認するときって、相手がどんな人か確認しますよね? 相手のタイムラインとか見て。

僕は、例え申請前にメッセージがなくても、相手の投稿内容や、どんな人かを見て、怪しくなければ(笑)承認しています。

逆に、申請前にメッセージくれても、メッセージが嫌な感じがしたり、全然投稿していなかったり、プロフィール写真が顔じゃなかったりしたら承認しません。

だから、メッセージは承認後でもいいと伝えています。(いいねくれた人に友達申請だすパターンの場合です)

でも、

・投稿の公開先が、友達になっていない人も見れるように一般公開になっている
・いいねがもらえる投稿をする

が出来ていることが前提としてあります。

友達申請を受けたら承認する

逆に相手から友達申請が来る場合もあります。

その場合は、相手のタイムラインやプロフィールを見て、繋がってもいいと思えば面識がなくても承認すればOKです。

そこからリアルのお付き合いになる場合は沢山あります。

繋がった後でも、「合わない」と思ったらブロックや友達解除できますから。

自然と友達申請されるようになってくる

友達が増えていくと、だんだん友達申請が向こうからくるようになってきます。

それは、友達の友達として「知り合いかも?」とFacebookが勧める人物として出てくることも増えるからです。

後は単純に「友達と繋がっているから」という理由で申請される場合もあるでしょう。

とにかく、最初自分から増やしていって、ある程度の数になるとどんどん申請されるようになります。

ある程度の数というのは、普段の投稿の内容だったり、繋がっている人の影響力によっても違います。

でも、1000は最低でも繋がりを増やしておくと拡散力は高まりますから、まず目指したい数ですね

僕も最初1000人くらいと友達になったら、後は申請受けているだけです。

早く5000人友達を増やすことが目的ではありませんから、スピードにはあまりこだわらずに、投稿にいいねしてくれた人とコツコツと繋がってみましょう。

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。