Facebookのタイムラインに投稿できるのは自分のみにしておこう

内藤勲です

Facebookで投稿が流れる場所に、ニュースフィードとタイムラインがあります

ニュースフィード:自分の友達やフォローしている人、いいねしているページの投稿やアクションが流れてくる場所です。 ですから、色んな人の投稿がごちゃ混ぜで流れてきます

タイムライン:自分もしくは、その人の投稿が流れている場所

左上にあるFacebookのアイコンと、右上にある「ホーム」をクリックすると、ニュースフィードが表示されます

右上にある名前や、左のメニュー欄にある名前をクリックすると、タイム欄が表示されます。

で、友達申請がきたり、誰か気になる人がいた場合、その人のタイムラインを見に行くことってないでしょうか?

タイムラインは設定で、自分のみ投稿、友達も投稿と選ぶことができます

この自分のタイムラインに投稿できるのは、自分のみにしておきましょう。

なぜなら、せっかく自分のタイムラインに見に来てくれたのに、他の人の書き込みがあったり、「友達承認ありがとうございます」などの興味のない投稿は別に見たくないからです。

もちろん、タグ付けされた場合は関連しているわけなのでいいですが、友達ならだれでも書き込める状態にしておくのは、自分の世界観を崩しかねません。

自分のタイムラインは、自分で守らないといけません。

※タグ付けも、自動的に投稿される前に確認してから投稿されるようにすることも可能です。

誕生日のおめでとう投稿も、ずらーっと続くと、本人の投稿が見れなくなります。

自分のタイムラインにわざわざ来たってことは、興味関心があるということです。

投稿を続けて見てファンになってくれるかもしれません。過去の投稿もさかのぼって読んでくれるかもしれません。

ですから、タイムラインに投稿できるのは自分のみにしてくださいね

設定はこちらから可能です
(3) タイムラインとタグ付け設定

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる