Facebookでのファンの作り方

内藤勲です

このブログでは、Facebookやブログを使ったファンの作り方を発信しています。

ネットで売れない原因の1番は「知られていない」ということです。
認知されてない。ぜーんぜん存在を知られてません。

だから、まずは知ってもらうことが何より不可欠。

そして、存在を知ってもらうのに現時点で最も適したメディアがFacebookです。
(誰をお客さんにするかによっても変わりますが)

Facebookで知ってもらい関心をもってもらう

Facebookってどんな時使っているでしょうか?

・何か出来事をつぶやきたい
・友達と情報を共有したい
・気になる人の投稿を読みたい

こんなところでしょうか。

少なくても

何かを買おうと、商品を探しているわけではない

ですよね?

何か悩んでいて解決策を探す場合、欲しいものを買う場合は、GoogleやAmazon、楽天などを使うはずです。

だからFacebookではモノが売れにくいのです。
欲しいって気付いていないから。

関心があって探しているわけではないのに、いきなり売り込まれたら誰だって嫌です。
服屋さんに入った途端に、売る気満々で近寄ってくる店員と同じです^^;

だから、売るのではなく、知ってもらい関心を持ってもらうこと。

売るのはブログやホームページ、メルマガなどですればいいんです。

なぜなら、読者はブログやホームページ、メルマガは自分の意思で見に行くから。
能動的に情報を受け取りにいくわけです

一方Facebookは、流れてくる情報を受け身で見ることが多いです。

だから、Facebookで売り込みをしたり、告知ばかりしているとファンは増えません。

商品そのものではなく、商品の背景や得られるもの、そして自分を出す

商品やサービスをいきなりボンと出しても、必要だって気付いてもらえません。

だから

・使って得られること
・エピソード
・自分の想い
・自分がどんな人なのかが伝わること

を発信して、共感してもらったり、関心を持ってもらうことが大事です

ファンになる投稿

親近感が湧く投稿

共通点や、共感できる内容だと、ぐっと心の距離が縮まります。
趣味やドジ話、出身等に関わる話は親近感が増します

役立つ情報

役立つ有益な情報を投稿すると感謝されます。
友達申請やフォローされるようになります

自分のカラー(キャラ)が伝わる投稿

自分がどんな人となりなのか、自己開示して伝えると、自分という人に興味を持ってもらえます。
どんなストーリーを歩んで来たのか。どんな世界観を持っているのか。どんな考えを持っているのか。どんなライフスタイルを送っているのかが分かるものです。

信頼感

そして、「この人は信頼できる人だ」と思われる誠意ある態度や、一貫性のある発言も大事です

軸のある人ほど、しっかりとファンがついてます

まとめ

「知らない」から「知ってる」へ
「知ってる」から「気になる」へ
「気になる」から「ますます気になる!」へ
「ますます気になる!」から「気付いたらすっかりファンだ(笑)」へ

モノだけ売ろうとすると、買う理由が「あなただから欲しい」ではなく、「安いから」「近いから」になります。

これって特に個人起業家はなったらダメなパターン

だからFacebookで、知ってもらい、関心をもってもらい、ファンになってもらいましょう。

ちなみに僕はこんな人間です^^
内藤 勲のプロフィール

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。