「自分の経験が役立つ」ということに気づけるだけでも、大きな自信が得られる

こちらの記事を読んで、本当にそうだよなと感じました。

『GIVE&TAKE』から『GIVE&GIVE&FORGET』 – いばや通信

与えて与えて、そして忘れる

僕のまわりでも上手くいっている方は、与え上手です。
そして、自然と人も集まってきます。

クレクレでは、人が遠のいていきます。

しかし「まずは与えることが大事」と、良く言われますが、見返りを期待せずに、ただただ与えられる人ってどれだけいるでしょうか。

返報性の法則

「与えることが大事」と言われるのは、返報性の法則があるからだと言われます。

「もらってばかりじゃ申し訳ない」という事でお返しをする

こういう心理が働きます。

特に日本人は、こういう気持ちになりやすいかもしれないですよね。

でも、見返りを期待して「与える」ということをしてしまうと、お返しをしてもらうのが前提になってしまいます。

確かにお返しをしてもらいやすいのですが、仮にお返しをしてもらえなかった場合、ガッカリしてしまったり、「せっかく与えたのに、なんで何もくれなんだ!」と思ってしまいます。

それって、本当の「与える」ってことにはならないですよね。逆に、奪おうとしてるかもしれません。隠れクレクレだったりして(笑)

お返しが欲しいから与えるのではなく、与えて喜んでもらう

僕自身もまだまだ期待してしまうことがありますので、こうありたいものです。

売上があがるからではなく、経験を生かせるから

与える理由が、「売上になるから」ではなく、「自分の経験してきたことが、誰かの役に立って喜んでもらえるから」なら、与える事で自分自身も生かされます。

万人の役に立つことは出来ませんが、誰でも絶対に誰かの役に立つことはできます。

誰かの役に立つために、僕らはいろんな経験をしてきているとさえ思います。
その結果、喜んでもらえるならビジネスとして成り立ちます。

自分らしい = 自分(経験)を生かす
だと、僕は考えています

期待とかせずに、自分の経験が誰かの役に立つなら、ただただ与えましょう。

「自分の経験が役立つ」ということに気づけるだけでも、大きな自信が得られます。

自分を認められることこそが、「与える」ことの一番の結果ではないでしょうか。


自然体な発信で「あなたから欲しい!」とファンになってもらえるマーケティング【ネットでファン】 内藤勲のプロフィールはこちら

募集中のセミナー

■ネットでファン塾 4期 まもなく募集開始
1月下旬からスタート
・WordPress作成
・Facebook、Twitter、Instagram活用
・会う前にファンになってもらえる発信
など

ネットでファンが生まれる8つの行動

TwitterやFacebookでも発信しています