人生も仕事も、土台があってこその成長

先日沖縄に行ったときに見たガジュマルの木

不思議な形してますよね〜

喜界島にもありましたが、沖縄にも沢山ありました。

鹿児島の屋久島と種子島以南に分布していて本州にはないようです。

南の島の樹木なんですね〜

上に伸びるために、下に伸びる?

写真からもわかるように、このガジュマルの木ってすごく不思議な伸び方をします

普通の木って、幹と枝は太陽に向かって上に伸びて行きます

葉や実の重みで枝が垂れ下がることはあっても、地面に伸びていくことはありません。

でもガジュマルの木は、枝の一部が下へ下へと伸びていきます。

ついには地面に根ざして、まるで幹のように太くなっていきます。

木として、上に伸びるため(あるいは横に広がっていくため)に、枝が下に根ざしていくわけです

上に伸びるために、下に伸びるって矛盾してるような書き方ですが、普通の木でもごくごく当たり前にやっていることです

地中で根が伸びて地中で根ざしていってます。

それがガジュマルは少し違う、地上で見える形でも行っています

上に伸びるのも、下に伸びるのも、樹木が生きていくためには両方必要なことです。

根ざして行くことを辞めたら上に伸びていくことができません。
上に伸びて行かないのは、すでに枯れている状態です

どっちかが抜けていたら、成長が止まってしまったり、あるいは気づいたら中がスカスカで折れやすくなっていたりします。

でも、ガジュマルでも、普通の木でも、植物は地面から生えていくものです。

いきなり空中から伸びたりしません。

必ず根ざしている土台が先です。

人生や仕事においても上と下の成長が必要

僕らは生きていく上で、あるいは仕事をしていく上で、上に伸びよう伸びよう、次のステップに成長しようとしますが、と同時に土台作りも大事だといえます

土台となるものって、例えば家族だとか身の回りの環境がしっかりとしてるかってことです。

それとか、そもそも何のために仕事をしてるのかってことだったり。

ここが抜けた状態で、稼げる力を身につけたとしても、本当の幸せかどうかはわかりません。

無理して着飾って、輝いている部分だけを露出しても、家庭が崩壊していたり、心に嘘をついていたら本当の幸せではないと思うんです。

僕はいつもセミナーで、「何のために仕事してますか?」と参加者にぶつけます。

いかがでしょう?

僕はやっぱり、幸せになるためだと思っています。

ネットで上に伸びることばかり考えずに、根ざすことも考えたいですね

幸せのキッカケをネットから。

ありがとうございました!

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる