受信者であるな、発信者であれ。

「幸せのキッカケをネットから。」

最近こんな風に打ち出しているのですが、僕は本当にそう思っています。

これは「ネット上にある情報を受け取って幸せになる」というよりは、「自らもネットで発信して人との関係性を築いて、幸せを受け取る」ということです。

自分も、受け取った人も幸せになる

そんなネットの使い方です。

そのための、自分のメディア構築が大切だと考えています。

情報の受信者でもありますが、今は一人一人が発信者になれます。

情報の発信に影響しあい支え合っている

ネットの発信を見て、感動したり、勇気づけられたり、あるいは憤りを感じたり、僕らは心を動かされます。

逆に、発信したことで誰かを感動させられたり、勇気づけてあげたり、あるいは傷つけてしまったり、、人の心を動かすこともできます。

同じ言葉でも、感動する人もいれば、憤りを感じてしまう人もいます。

残念ながら万人受けはしないし、万人が自分のことを好きになってくれることもありません。

僕のことを嫌う人も沢山います。

そういうもんです。

でも、必要な人には届きます。

Aさんにとっては、Bさんの言葉が必要だったり。
Bさんにとっては、Cさんの言葉が必要だったり。
そして、Cさんにとっては、Aさんの言葉が必要だったりします。

こんな風に、1対1ではなく、もっと大きく見ると僕らは影響しあい支え合っています。

だから、受け取ってばかりではなく、発信して誰かの支えになって欲しいです。

「会社という組織だから自分という個を出しにくい。」
「経営者だから、スタッフに任せている」
「ただの主婦だから読んでくれる人はきっといない…」

そういう意見もあると思いますが、組織に属した中の個だから言えることもあるし、経営者だからこそ語れる経験もあるはずです。
主婦だからこそ共感できるものもあるはずです。

そして、それが誰かの役に必ずたちます。

だから、受信者でいるだけではなく、ひとりひとりが発信者になるべきです。

人気のある人はみんな発信者

ブログやfacebookで好きな人っていませんか?

誰でもいいです。 有名人でも、有名人じゃなくても。

それが文章だったり、写真だったり、アートだったり、音楽だったり、表現方法は様々でも、その人の発信を受け取っているはずです。

その人が発信してくれたからこそ、受け取れます。

発信してくれるから、そこから学んだり、勇気づけられたり、一歩踏み出すことができます。

ブログやfacebookなどのSNSは本当に大きな力を持っています。

使い方を間違えると、変な方向にしってしまいますが、自分も周りの人も幸せにできるすごい道具です。

「これを読んで自分に感謝しろ!」とか、「これ読んで申し込んでくれ!」とか、相手をコントロールしようとせずに、ただただ相手を想ってメッセージを送るつもりで。

自分の発信が、誰かの幸せのキッカケになればと思って発信してみましょう。

7つの質問
事例から学ぶ!
自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問を用意しました

詳細はこちら

セミナー情報

■ブログのはじめ方セミナー
4/22 受付中 詳細はこちらから

自然体で自分らしく、もっとファンを増やすメディア構築セミナー

詳細はこちらから

4/7 東京 残5席
3/16 福岡 満席
2/24 東京 満席

シェアする

フォローする

個人サロンSNS集客講座

個人サロンSNS集客講座


Facebookとブログで、自分にあったいいお客様を引き寄せませんか?
そして、身につけた技術を多くの方に提供して喜んでもらいませんか?

個人サロンの方のためのSNSを使った動画の集客講座です

詳細をみる