facebookの投稿を友達限定にする3つのデメリット

facebookの投稿は、公開先を選ぶことができますよね。

「公開」は、友達やフォロワーとしてつながっていない人、全体に公開されます
「友達」は、友達として繋がっている人限定
その他、一部の友達を除いたり、あるいは一部の友達にだけ公開することもできます。

「facebookでつながっていない人に見られるのが嫌」ということで、友達限定にしている方も結構います。
自分のことや、自分のやっていること、商品を広く知ってもらうなら、当然「公開」がいいです。

でも中には事情があったり、意図的に友達限定にすることもあると思います。
友達限定の投稿をするにしても、全部の投稿を友達限定にするのではなく、全体公開の投稿もしたほうがいいです。

それは、友達限定ばかりの投稿だと、こんなデメリットがあるからです

facebookの投稿を友達限定にする3つのデメリット

知ってもらうことができない

facebookは、リアルで繋がっている人と、ネットでもコミュニケーションを取れますが、まだ知らない人とネットで繋がれることが、大きなメリットの1つです。

自分のこと、商品・サービスを広く知ってもらうチャンスだし、先にネットで会うことができます。
先にネットでつながっていると、実際に会った時も初めてな気がせず、直ぐに仲良くなれます。

自分の想いや、好きなこと、仕事への取り組みを発信していれば、ファンになってもらうことだってできます。
僕やお客さんでも、まだ会ったことがない人でもfacebookがキッカケで仕事に繋がることって多々ありますよ。

友達限定だけの投稿なら、facebook使う意味がないとさえ思います。
ビジネスに活用しないなら、それでもいいですが。。。

関連記事: ネットで売れない原因の一番は、「知られていない」ということ

つながっていない人が見た時に、何も投稿していない人に見える

友達限定ばかりの投稿をしていた場合、自分や友達は投稿が見れます。当たり前です。
でも、友達になっていない人がタイムラインを見ると、何も投稿が表示されません。これも当たり前です。

大事なのは、友達になっていない人が、何も投稿していないタイムラインを見てどう思うか?ってところです。

僕ならば、facebookのアカウント取っただけで、使ってない人なんだと思います。

また、左側に表示される友達になっている人を、友達だけに表示させていた場合、友達になっていない人が見ると、誰も友達がいないように見えます。
ますますfacebookを使っていない人に見えてしまいます。

リクエストが来ても承認しにくい

そんな人から友達のリクエストが来たらどうでしょう?

リクエストが来て、その人のタイムラインを見に行ったら、何も投稿していない、友達もいない状態。

facebookまともにやっていない人のリクエストを承認しようと思いません。よね?

「え? なんで申請してくるの??」と。

自分では、実際に投稿してるし、友達もいるのに、見え方として、友達以外は何も表示されていないのです。

自分以外が、どんな風に見えているかチェックしておきましょう。

スマホだと出来ないかもしれませんが、パソコンでチェックできます。
自分のタイムラインの右側に表示される「アクティビティログを見る」のとなりにある「・・・」

これをクリックし、「プレビュー」をクリック

すると、自分以外の人の見え方が表示されます。

友達限定の投稿ばかりでは、Facebookの良さを使い切れないので、是非全体公開しましょう。

小さな会社・お店のためのワードプレス構築動画講座

ワードプレスを構築したい方へ!

ワードプレス構築動画講座の詳細はこちら

TwitterやFacebookでも発信しています

新・ネットでファンを作る7つの質問

事例から学ぶ!
自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問を用意しました

新・7つの質問に答えてファンを作る