自分のメディアをチームとして捉えよう。組み合わせるからこそ強くなる。

ちょうど今、大学バレーのインカレが開催されています。今日は準決勝。
中央大学vs筑波大学、東海大学vs早稲田大学でした。

中央大学には、全日本男子バレーでも一番人気の石川祐希と、父親が元全日本でオリンピックにも出ている大竹壱青。ふたりとも今年全日本バレーでメインの選手として活躍しました。そして、石川祐希はイタリアのプロリーグ、大竹壱青はドイツのプロリーグに参戦中です。

中央大はインカレ4連覇がかかっていたので、ふたりとも一時帰国して本大会に望みました。全日本で活躍する二人がいるのですから、当然優勝候補筆頭です。

また東海大学も、全日本選手として選出されている選手が3人います。身長2メートル超えが二人と、日本トップクラスの高さ(最高到達点)を誇る選手が一人。そんな3人を要する東海大学も優勝候補でした。

ところが、今日の準決勝で、両チームとも負けてしまったのです!明日の決勝戦は全日本に選出されている選手がいない筑波vs早稲田になりました。

こんな事がバレーボールではあるんですよね〜。

バレーボールは、チームでボールをつなぐスポーツです。つまり、一人が凄くても勝てないのです。
石川祐希が良いスパイクを決めるためには、良いトスが必要です。良いトスを上げるためには、良いパスが必要です。
単独のプレーではなく、つなげることや、連携するチームプレーが出来ているところが強いのです。

中央大学も、東海大学も主要のメンバーが全日本の招集や海外でのプレーもあり、大学のチームとしての練習があまり出来ていなかったと思います。
つくづくチーム力の大切さを感じました。

自分のメディアをチームとして捉えよう

で、ネットでのメディアも同じだと思うのです。
FacebookやTwitter、Instagramなど、どれか1つがいいだけではなく、ブログやメルマガあるいはLINE@など、複数のメディアを組合せてチームにすることが大事です。

昨日の記事でも書きましたが、ネットをビジネスに活用している人の多くは、複数のメディアを組み合わせています。Facebookだけ、Instagramだけ、ブログだけ単独ってあまりいません。

バレーと同じで、レシーブが上手い人、トスが上手い人、スパイクが上手い人など、得意なものがバラバラです。だからこそ組み合わせることが重要です。

ボクの場合は、SNS+ブログ+メルマガの組み合わせでチームを組んでいます。

どれか1つではなく、チーム全体として活用してみましょう。


自然体な発信で「あなたから欲しい!」とファンになってもらえるマーケティング【ネットでファン】 内藤勲のプロフィールはこちら

募集中のセミナー

■ネットでファン塾 4期 まもなく募集開始
1月下旬からスタート
・WordPress作成
・Facebook、Twitter、Instagram活用
・会う前にファンになってもらえる発信
など

ネットでファンが生まれる8つの行動

TwitterやFacebookでも発信しています