スマホで見やすいWordPressのテンプレート選びについて

今SNSに限らず、ホームページやブログもスマホで見られることが多いです。このブログも約7割がスマホとタブレット。パソコンは3割り程度です。

このブログの1ヶ月間のモバイル、パソコン、タブレットの比率です。

モバイル(63.3%)

パソコン(32.1%)

タブレット(4.6%)

そして、モバイルの内訳がこちら

もう、ほぼスマホ。ガラケーは1ヶ月でも0.2%ほどしかいません。

約7割の人がスマホやタブレットで見ていますから、スマホやタブレットで見やすい状態を作ることが大事だって分かります。
WordPressの多くのテーマ(テンプレート)はレスポンシブデザインで、1つのデザインでスマホにも対応するように作られています。

ちなみに、アメブロは、パソコンとスマホではデザインが別物になりますので、パソコンでカスタマイズしたものがスマホでは反映されません。

ついつい自分がブログ書くのも見るのもパソコンだからと、スマホ表示を確認していない人もいますが、必ず確認しましょう。

・スマホで開くまでに、時間が長くかからないか
・文字が拡大しなくても読めるか
・ボタン類が押しにくくないか
・広告が邪魔になっていないか

など、読み手が「読みにくい」「押しにくい」と思わないようなテンプレートにしましょう。

また、スマホでの表示はメニューバー(グローバルナビ)が折りたたまれたり、サイドバーが記事の下の方に回り込んだりします。開いた瞬間パソコンでは見えていたものが、スマホでは表示されていないものも多々あります。

パソコンで、「ここにある」と思っているものでも、スマホで見ている人には「どこにもない」状態かもしれません。もしスマホ対応されていない状態、見づらい場合はテンプレートを変えましょう。

スマホでも見やすいテーマ(テンプレート)ですが、ボクがおすすめするのは「Lightning」

Lightning – シンプルでカスタマイズしやすいWordPress.org登録無料テーマ – | ビジネスサイトにもブログにも最適。Bootstrapベースでカスタマイズも簡単!

レスポンシブデザインで、スマホ表示も見やすいということはもちろん理由の1つです。加えてLinghtningは、WordPressの公式テーマでもあるので、テーマのアップデートも管理画面から簡単に出来ます。

無料、有料のWordPressのテーマは沢山出ていますが、テーマのアップデートをせずに放置しているブログも見受けられます。セキュリティ強化やSEO対策のためにもテーマのアップデートもこまめにしておきたいものです。

公式テーマ以外のテーマの殆どは、管理画面から最新版に更新できません。配布先のサイトでバージョンアップがないかこまめにチェックする必要があります。その都度テーマのダウンロード、アップロードして最新状態にしなければいけません。これをやっていない人が多い。

そういった理由もあるので、公式テーマの「Lightning」がいいかな〜と。日本の会社が作っていますし。

他にも、全投稿に自動挿入できる機能があったり、ソーシャルボタンもきれいに表示されます。

自分のブログをスマホで確認したら見づらかった…という方は試してみてくださいね


自然体な発信で「あなたから欲しい!」とファンになってもらえるマーケティング【ネットでファン】 内藤勲のプロフィールはこちら

募集中のセミナー

■ネットでファン塾 4期 まもなく募集開始
1月下旬からスタート
・WordPress作成
・Facebook、Twitter、Instagram活用
・会う前にファンになってもらえる発信
など

ネットでファンが生まれる8つの行動

TwitterやFacebookでも発信しています