うまくいく秘訣は、決めて、どうしたら出来るかをひたすら考えること

今日は、2018年をいい年にするための考え方のクセについて。これが分かると世界の見え方が違って来ますし、物事も思うように進みます。

嫌な出来事を嫌なままにせず、変換させる

考え方のクセってありますよね。

例えば、嫌な出来事があった時

「もう、最悪!」
「なんで、こうなるの…」

こんな風に、嫌な出来事を嫌な解釈のままにしてしまうと、どんな出来事に対しても悪い点を見つけやすくなります。

逆に、
「これを良い教訓として次に活かしていこう!」
「ここからどうしたら出来るかな?」

と、嫌な出来事を嫌なまま解釈するのではなく、意味付けを変えるようにしていると、どんな出来事に対しても良い点が見つかりやすくなります。

もしも嫌な出来事があったら、嫌なままで終わらせるのではなく、変換させるクセをつけてみましょう。

決めて、どうしたら出来るかをひたすら考える

僕も色んな人を見てきて、成功する人には共通点がありました。
成功する人は、トラブルが起きても「どうしたら出来るか?」しか考えません。ゴールに到達する前提で考えているから、途中障害物があっても回避策を考えます。だから事を成し得ます。

ものごとの良い点を見るという考えのクセががついてます。

一方成功できない人は、トラブルが起きたら、そこで「もうダメだ」と、諦めてしまいます。起こった出来事を悪いこととして捉えてしまうので、挫折してしまいます。

どんな時でも、「どうしたら出来るか?」という考えを持つためには、「決める」ことが重要です。

どうなりたいかを決める。
どうなっているかを決める。

決める = 信じる

です。

「自分を信じる」ことを難しく感じる人もいます。
「自信がない」「自分なんて信じられない」と。

でも、決めてしまうのです。

「こうなる」、「こうする」と。

決める。決まっている。決定事項。

そうやって、決めてしまうと、そこに向かって走り出せます。
最初は自信がなくても、走っているうちについてきます。

最初から自信がある人はいません。
なりたいものに向かって進む過程でついてきます。

どうしたら出来るか?
出来るためには何をしたらいいか?
ひたすら考えましょう。

2018年に向けて、もう決めちゃいましょう!

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!
ブログ更新をメールで受け取る