ブログでお申込みボタンに集中してもらう方法

内藤です

商品の販売ページやイベントの詳細ページ、あるいはメルマガの登録ページに設置する『お申込みボタン(リンク)』

いわゆるランディングページのボタン。

このボタンやリンクは読者さんに押してもらいたいですよね^^;

今回は、基本中の基本を。

お申込みボタンに集中してもらう方法

このお申込みボタンに集中してもらう方法は簡単です。

それは、

他のボタンやリンクを表示させない

ということ。

ボタン(リンク)を1つだけにする

1つしかなければ、それに集中してもらえます。

つまり、商品の販売ページや、イベントの詳細ページは基本的に、1ページにつき1つにします。

1ページで、アレもコレも複数の商品を載せない。

商品の数だけ、イベントの数だけページを用意するということです。

何個も商品が並んで、申し込みボタンが何個もあると、迷って選べなくなります。

 

商品が複数ある場合は、商品一覧ページを作って、そこから各商品ページにリンクさせます。

それぞれのページで集中してもらえます。

申し込みができるのは、商品一覧ページではなく、各商品ページのみということです。

1カラムにしてサイドバーやメニューバーを表示させない

ブログやホームページは、リンクだらけです。

例えば、サイドバーに表示される「人気記事一覧」や「カテゴリー」などもリンクです。
ヘッダーのところにあるメニューバーもリンク。

自分のサイト内のリンクだとしても、販売ページなどからの出口になります。

「この商品いいな〜」と思って販売ページを見ていた所に、サイドバーに表示されている人気記事タイトルを見て気になってクッリク。
そのまま販売ページには戻ってこない可能性もありますよね。

通常のブログ記事なら、大したことありませんが、販売ページやイベント詳細ページ、メルマガの登録ページではページを変えてほしくありません。
集中して読んでもらい、申込みボタンを押して欲しいはずです。

せっかく、ボタンやリンクを1つにしても、他にリンクだらけでは、集中してもらえません。

そこで、商品の販売ページやメルマガの登録ページなどは、1カラムにするといいです。

1カラムとは、サイドバーがなく、本文エリアだけのものです。

例えばこんな感じです

サイドバーも、メニューバーもなく、本文に集中できますよね。

ブログのサービスによってはできませんが、WordPressだと可能なテンプレートが増えています。

ランディングページが簡単につくれるサービスもあります。
無料ホームページ制作・作成なら作り方かんたんなペライチ

このブログで使っている「Lightning」というテーマ(テンプレート)では、固定ページのページ属性になるテンプレートで「Landing Page」を選択すると、そのページだけ1カラムにできます。

使っているテーマ(テンプレート)によって異なりますが、ある場合は使ってみてくださいね。