何屋なのか?、どうなるのか?を明確にする

内藤です。

ブログをぱっと見た時、Facebookなどのプロフィールを見た時に

何をしていて、商品・サービスを受けたらどうなるのかがすぐにわかる

って非常に重要なことです。

やりたいこと、できることを、何でもするのではなく、テーマを絞って強みを活かすとも言い換えられますね。

相手を無視して、自分のやりたいこと、できることを出すのは心を自分に置いている状態です。

商品、サービスをアレもコレも並べるのではなく、「これだ!」というものだけに絞った方が専門家に見えます。

カレーを出すラーメン屋さんよりも、ラーメンしか出さないラーメン屋さんの方が絶対にうまいって思いますよね。

自分が出来るからと、アレもコレも並べると、信頼性が下がります。

お客様が喜ぶもので、自分の強みを活かせるものだけにしましょう。

絞った方が、結果的に困っているお客様の役に立てますし、打ち出し方も明確になります。

何でも屋さんは、商品・サービスも、ブログタイトルもぼんやりとしてしまいます。

例えば、次の例なんかはわかりやすいですよね。

はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方

『コブ斜面専門のスキー教室で、はじめての人でも、コブを連続して滑れるようになる』

というのがわかります。

情報があふれ、個人で活動している人が溢れているからこそ、ブログタイトルや自分の肩書を、ひと目みて何屋かわかるようにしましょう!

何屋さんか?
商品・サービスを受けるとどうなるか?

明確にしてみてくださいね