PayPalの決済リンクの作り方と、PayPalと連動させた便利なツールの紹介

内藤です。

ネットで商品、サービスを販売する時、PayPalは使っていますか?

個人でビジネスしている方は、銀行振込だけの場合がありますが、やっぱりクレジットカードでの決済ができた方がお客様も便利です。

で、個人でもクレジット決済を導入できるのがPayPal。

⇒ クレジットカード決済-PayPal(ペイパル)

PayPalは世界中で使われているネット決済サービスです。
登録も無料で、決済手数料しかかかりません。しかも激安。国内からの受け取りの場合は3.6%+40円/件。

購入ボタンを作れば、すぐにでも商品を販売できるようになります。

PayPalはビジネスアカウントで

PayPalで販売者になるには、ビジネスアカウントの必要があります。

「新規登録」から

「ビジネスアカウント」で登録しましょう。

PayPalの決済ボタンの作り方

ここからは既にビジネスアカウントを取っている前提で。

・管理画面の「ツール」→「決済ボタン」をクリック

・関連項目の「新しいボタンの作成」をクリック

決済ボタンタイプ

ボタンは「ショッピングカート」「今すぐ購入」「購読」から選べます。

「ショッピングカート」は、一度で複数個購入できる商品に使います。
「今すぐ購入」は、一度で1回の購入のもの。セミナー申込みやダウンロード商品に使います。
「購読」は、定期課金の商品に使います。

決済ボタンタイプ、商品名、価格が設定されていれば、簡単に決済ボタンができあがります。

・ボタンのカスタマイズや発送料金、税金
・ステップ 2: 在庫、損益をトラッキングする(オプション)
・ステップ 3: 高度な機能をカスタマイズする(オプション)

は必要に応じて設定します。

最後に「変更を保存」をクリック。

ウェブページにボタンを追加する

「ウェブページにボタンを追加する」ページで、ボタンのリンクが取得できます。

「ウェブサイト」タブに表示されるHTMLコードでボタンを埋め込むこともできますが、「メールアドレス」タブに表示されるURLを使う方が便利です。

例えば、申込みフォームの自動返信メールに、この決済URLを入れておくこともできます。
(合わせて銀行振込先も入れておくと、お客様は銀行振込、Paypal決済が選択可能になります。)

メルマガの登録フォームをお申し込みフォーム代わりにしておくと、購入者リストにもなります。

PayPalと連動させた便利なツール

先程、申込みフォームの自動返信メールに決済リンクを入れる方法を説明しました。

が、PayPal決済後のメールはPayPalから送られるわけではありません。

決済の通知は、購入者にも販売者である自分にも届くのですが、例えば、購入商品がPDFなどダウンロードが必要なものや、セミナー会場のお知らせなど、商品毎に特定の情報を伝えたい返信メールがないのです。

入金確認メールや商品の案内メールなど、自分で出さないといけません。

これが数が多いと大変になります。
誰が入金して、誰に送ったかなど、混乱します。

でも、その面倒臭さを解消してくれるものがあります。

レモンスカッシュ

→ 講師のための事務サポートシステム LemonSquash

申込みフォーム → 自動返信メール → 入金確認メール が簡単にできてしまう事務サポートシステムです。

PayPalで決済リンクを作って、自動返信メールに貼り付けるまでは同じです。

入金が確認できたら「入金」ボタンを押します。すると、予めセットしておいた入金確認メールが送られる仕組みになっています。

入金済み、未入金がひと目でわかるようになっています。

僕はこれを導入して混乱することがなくなりました。

定期的なPayPal課金ができる会員サイト「LCK」

PayPalは定期的な課金もできます。

例えば、会員サイトで月々課金してもらうとか。

それが可能なのがこちら
→ 会員制サイト構築システムなら「LCK cloud」へ!

僕も使っていますが、シンプルですが、使いやすいです。

  • 管理画面内からPaypalの課金設定ができる
  • お客さまをグループ分けできて、グループ毎に課金の料金を設定できる
  • グループ毎に閲覧可能、不可のページを作ることができる
  • 課金されなかった場合はグループが自動的に変更される
  • 動画の埋め込みや掲示板なども使える

このような機能があって、会員サイトとして優れています。

僕も色んな会員サイトシステム試しましたが、これが一番オススメです。

最後に

PayPalは手数料も安く、とてもありがたいサービスです。
是非導入しておきたいサービスですが、今回紹介したような問題点もあります

オススメしたツールはいずれも有料ですので、まずは、PayPal単体で試してから検討してもいいと思います。

PayPalぜひ導入して試してみてくださいね