SNSをやるべき理由【ファンはSNSで生まれている】

SNS活用

内藤です。

今誰もが個人で発信できる時代です。
特に自分でビジネスをしていたら、SNSは見るだけじゃなく、発信する側として使った方がいい。

その理由を今回は書いていきますね。

SNSは入り口になってる

はい、もう答えが出ましたが、SNSが今入り口になってるからです。

隙間時間があればネットで何見ていますか?
1日のうちでスマホで最も使ってるアプリなんですか?

YouTubeやInstagram、Twitter、Facebookとかじゃないでしょうか。

↓ 例えば、これ僕のスマホのスクリーンタイム。
何をどれだけ毎日使ってるかわかります。

SNS(ソーシャルネットワーキング)がダントツで多いです。

スマホだけじゃなく、パソコンでもSNSは見てますから、実際はもっとSNSに触れてるってことです。

 

誰かのブログよりも、どこかのサイトよりも、まず真っ先にSNS。
時間が空いたらSNS。
やりとりもSNSのメッセージ。

こんな風に普段ネットを使っていないでしょうか。

つまり、多くの人のネットの入り口がSNSになってるってことです。

アメブロ全盛期のころは、アメブロユーザーはまずアメブロの管理画面を開いてました。
そして更新しているブログがあると、そこから見に行ってました。

僕自身もそうだったんですよね。

でもFacebookが登場し、Twitterが登場してくると、まず真っ先に開く場所が変わりました。

アメブロ自体の機能が悪くなったわけじゃないんです。
むしろ昔より機能が増えてる。

でも、人が多く集まる場所が変わってしまったんです。

自分のブログやサイトに来てもらうには、人が多く集まってるところから呼ぶのがいいですよね。

だから、SNSをやったほうがいい。

SNSからファンは生まれやすい

SNSは人柄が見えやすいです。

Facebookで友だちがいいねしていた投稿を見て、その人のファンになってしまった。
Twitterで、人柄が伝わってきて、追うようにツイートを見てしまう。
YouTubeで、その人のキャラが面白くて、ついつい毎回見てしまう。

なんてことはないですか?

僕はめっちゃあります。

SNSは、投稿やコメント、つながってる人間関係から人柄が伝わります。

「人柄がいいからファンになる」って、よくありますからね。

だからネットでのファン作りにはSNSが欠かせません。

SNSは見る側から、発信する側へ

SNSは見てるだけよりも、発信することで世界が広がります。

発信に対してコメントやいいねがついたリ、そこから新しい関係が生まれたり、コミュニティになったり。

見てるだけじゃ、絶対に起こらないことが起きます。

今は誰もが発信できる時代です。
そして、誰もが自分のファンを作ることができます。

SNSで自分のこと、やってることを応援してくれる人を増やしませんか?

タイトルとURLをコピーしました