発信は存在を知ってもらうということ

内藤です

今日はネットで理念や想いを発信するということについて。

ネットのメディアを使って発信していくということは、存在を知ってもらえるということになります。

発信は知ってもらうこと

例えば、無農薬で野菜を育てている農家。
「安心、安全でおいしい野菜を食べさせたい」という想いで作っていたとします。

何も発信していなければ、その想いを消費者が感じるのはスーパーで「無農薬」と書かれたボードを見て、手に取った時です。それに、別の農家も無農薬野菜を出していたら、そっちの農家のものでもいいわけです。

これが、ネットで「安心、安全でおいしい野菜作ってます!」とブログでも、Facebookでも発信すれば、それを見た人には想いを伝えることができます。スーパーで手に取る前よりも、ずっとずっと前に伝えることができます。

その想いや無農薬で育った野菜の写真を見て欲しくなって、わざわざその農家の野菜を注文するかもしれません。

どう変えたいのか?

この商品・サービスを提供して、世の中をどう変えたいのか? 

何かしらあるはずです。

世の中というとちょっと大げさに思うかもしれませんが、もっと身近なことでもいいです。

例えば、アレルギーを持っているお子さんがいて、そのお子さんが安心して食べられるものを作りたいと思って食べ物を作ったり、自分の持っているコンプレックスと同じことで悩んでいる人のためになりたいと思って、何かを作ったり。

いくらいい理念を持っていても、いくらいい想いを持っていても、それを出さなければ伝わりません。 伝えることで、本当に必要としている人たちに知ってもらうことができます。

ですから、メディアというのは、ただ集客に使うだけではなく、物を売るだけではなく、理念や想いを伝えられるものなのです。

声を上げなければ存在に気づいてもらえません。知ってもらうことと、売り込むことは違います。

本当に人の役に立ちたいと思うなら、まずは知ってもらうことですね。

小さな会社・お店のためのワードプレス構築動画講座

ワードプレスを構築したい方へ!

ワードプレス構築動画講座の詳細はこちら

TwitterやFacebookでも発信しています

新・ネットでファンを作る7つの質問

事例から学ぶ!
自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問を用意しました

新・7つの質問に答えてファンを作る