アメブロとWordPress(ワードプレス)は同じ記事を書いてもOKか?

WordPress

内藤です

今日は「アメブロとワードプレスは同じ記事を書いてもOKか?」ということについて。

この質問よくいただきます。

これまでアメブロをやっていて、新たにワードプレスを始めた方が、以前書いた記事をコピペしてもいいかどうか悩んでるってことだと思います。

アメブロとワードプレスは同じ記事を書いてもOKか?

同じ記事がアメブロとWordPress両方にあっていいのかってことですが、結論から言うと、僕は避けるべきだと考えています。

別にアメブロとWordPressだけの話ではないです。

何が問題かというと、Googleが同じページ、あるいは類似したページがあると、検索の対象外にしてしまうのです。

Googleはミラーサイト、類似ページを嫌う

検索の対象外になるとは、つまりGoogleで検索しても結果に出てこないってことです。

同じものが何個も出てきたら、利用者を混乱させてしまいますからね。
Googleは、ユーザーに有益な情報提供を目指していますから、紛らわしいものは排除します。

ですから、まるっきり同じ文章をコピペで、他のブログに移すのは避けた方がいいです。

アメブロとWordPress(ワードプレス)の使い分け方

ではアメブロとWordPressをどう使い分けるか?

方法を紹介しますね。

1.WordPressはHPとして位置づけ、重要な記事だけを置いて、日々の更新はアメブロ

WordPress:重要な記事(固定ページ)のみ  アメブロ:日々更新

重要な記事(商品の販売記事など)をWordPressの固定ページで作っておきます。
そして、日々のブログ更新はアメブロで行う使い方です。

WordPressを固定ページを中心に使ってホームページの位置づけて使います。
日々の手間はかからないため、多くの人にはこれを勧めています。

アメブロ:ブログ
WordPress:ホームページ

と捉えると分かりやすいかも。

この場合、日々の更新はアメブロになるため、WordPress自体はなかなか成長していきません。

2.WordPressで日々更新し、その記事への導入をアメブロで更新

WordPressで記事を書き、その記事に繋がるような記事をアメブロで書く使い方です。
WordPressにも1と同様に重要記事は置きますが、ブログとして更新も行います。

要はアメブロをFacebookと同じようにSNSとして使います。
アメブロの読者をWordPressに誘導するような位置付け。

アメブロ:SNS
WordPress:ブログ

という捉え方。

ちなみに僕はアメブロを削除されてから、このパターンでWordPressを育てました。

アメブロで書く記事は、WordPressの記事と関連はしているけれど同じではない文章にします。
手間はかかりますが、WordPress自体も成長していきます。

 

個人的にはWordPressの方が検索にも強くなりますし(検索からのアクセスがある)、URLを見た時の信頼度も高いので2のパターンがいいと思っています。

でも、ブログが全く初めてとか、「WordPressの操作が難しくて、どうしても更新できない」というような方は1のパターンでもいいと思います。

アメブロにしろ、WordPressにしろブログが中心

アメブロにしろ、WordPressにしろブログが中心になります。

なぜなら、ブログ記事は残っていきます。
大事な記事が古くても読まれますし、検索からたどり着く場合もあるからです。

商品のページも用意しておけるし、メルマガ登録のページも用意できます。

SNSと違って、読者はわざわざ能動的に読みにきてくれますから、濃い読者になってくれます。

情報が溢れかえってる今、わざわざ読みに来てくれるファンを増やすことが大事です。

SNSは発信をやめたら反応なくなりますからね。

アメブロ、WordPressどちらでもいいので、ブログを育てていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました