ブログが書けない原因は、みんなにいい情報を出そうとするから

読まれるブログの書き方

内藤勲です。

「ブログを書こう書こうと思っても書けない」
「書くネタが思いつかない」
「書いたらなにか言われるんじゃないか心配」

こんなことを思って、ブログが書けないでいませんか?

ブログが書けない原因は、みんなにいい情報を出そうとするからです。

ブログが書けない原因は、みんなにいい情報を出そうとするから

みんなにとっていい情報なんてありません。
だから、そもそもみんなとっていい情報を書こうとするのが間違い。

同じ情報でも

「情報ありがとうございます!助かりました!」

と言ってくれる人もいれば、一方で

「こんな誰でも知ってる情報出すなんてバカじゃない?」

と言う人もいます。

だから、みんなにいい情報だそうとするのではなく、誰に向けるかを定めることです。

それも、記事毎に向ける相手をたった一人にするといいです。

ブログは向ける相手を決めて書く

みんなに向けて書くのではなく、あるいは向ける相手を決めずに書くのではなく、相手を決めて書くといいことがあります。

相手に響く内容が書ける

例えば、「手紙」は、送る相手がいます。
一人に向けて書きますよね。

一方「教科書」は、なるべく多くの人がわかるようにかかれています。
みんなに向けて書いてます。

さて、手紙と教科書、どちらが心が動きますか?
どちらが「私に向けて書かれてる」って思いますか?

手紙ですよね。

一人に向けたほうが、より具体的な内容にできるので、例えたった一人に向けたとしても、心動かされる人が何人も出てきます。

周りの目が気にならなくなる

「まわりの目が気になって発信できなくなった」

書けなくなる方の多くが口にします。

これは、自分よりも知識が豊富な人、技術が上の人の目が気になって、批判されるんじゃないか?と思うからです。

みんなに向けようとしたり、誰に向けるか定めていないから、「あの人に読まれたらどうしよう」「なんかツッコまれたらどうしよう」と思うのです。

向ける相手を定めていたら、仮に何か言われたとしても「あなたに向けていませんから」と言えます。

 

僕の体験談を書きますね。

僕はスキースクールで14年ほどコブ斜面のレッスンをしてきました。
となりのスキー場には同じくモーグルスクールがありました。

選手としてのレベルは、となりのスキー場のスクールの方が上だったのですが、お客さんは僕らのスクールの方が多かったんです。

きっと、「なんでアイツらが教えてるの? 」って思っていたでしょうね。

その時、僕らが、となりのスクールを気にしていたらレッスンなんてできません。
それにとなりのスクールのインストラクターがお客さんになるわけでもありません。

僕らとそのスクールとでは客層が全然違っていましたし、求められるものも違いました。

僕らはコブを連続して滑れるようになりたいコブ初心者。
一方となりのスクールは、大会に出たい上級者。

僕らは僕らで役に立てる相手をちゃんと見ていたのです。

「となりのスクールに何て言われるか分からないから、レッスンやめておこう…」なんて言って、スクールをやめてしまったら、コブの初心者は習えるスクールがありません。

となりのスクールは上級者ばかりですから、入りにくいですし。

お客さん(役に立てる)ではない人を気にしていたら、本当に役に立てる人の役にも立てなくなります。

よね?

ブログ記事は、向ける相手によって言葉も変わる

僕らはコブがまだ滑れない人、連続してすべりたい人に向けて打ち出していました。

ですから、敢えて「モーグル」という言葉も減らしたんです。

パンフレットからも、レッスンからも。

「モーグルレッスンやってます」だと、僕らが来て欲しい方は振り向いてくれません。

「難しそう」
「体力無いと無理そう」
と。

だから僕らは「コブレッスン」として打ち出しました。

そうしたら、モーグルの大会に出たい人は来ないかわりに、コブの初心者の方が沢山来たのです。

人は求めているものによって響く言葉も違います。

これも誰に向けるか定めるから響く言葉も分かってきます。

過去の自分に向けて書く

誰に向けていいか分からない場合は、過去の自分に向けて書くのがおすすめです。

今じゃ当たり前にできていることでも、2年前、3年前は当たり前じゃなかったことってありませんか?

その時の自分に、今なら伝えられることがありますよね?

実際に体験して来たことだから、何に悩んで、どんな気持ちだったかも分かります。

すると、示して欲しい解決策や、かけて欲しい言葉などもわかります。

過去の自分に向けると、具体的に悩みがわかるし、感情を込めて書くことができます。
そして記事ネタもどんどんでてきます。

過去の自分に向けたつもりでも、今ま正に同じことで悩んでる人、つまづいてる人には最高に役立つ情報になります。

のまとめ

いかがでしたか?

「ブログを書こう書こうと思っても書けない」
「書くネタが思いつかない」
「書いたらなにか言われるんじゃないか心配」

こんなことを思っていませんでしたか?

万人ウケなどあり得ません。

みんなにウケることは受けはありませんが、必ず喜んでくれる人もいますので。

たった一人に向けてブログを書きましょう

タイトルとURLをコピーしました