SNSやYouTubeがあるのにメルマガをやる目的とは

メルマガ

内藤です。

今、SNSやYouTube、ブログなどのメディアと呼ばれるツールがたくさんあります。
その中で僕が最も大事にしているのはメルマガです。

SNSあるし、YouTubeあるし、LINE公式アカウントあるし
メルマガをやる意味がわからない。

そう思う人も多いと思います。

今回は、SNSやYouTubeがあるのになぜメルマガをやるのか?その目的について書いていきます。

SNSやYouTubeがあるのにメルマガをやる目的とは

まず、特に個人で情報発信してる人はメルマガをやった方がいいというのが僕の主張です。

その理由を説明していきますね。

メルマガをやる目的

関心のある人だけに登録してもらえる

メルマガは、SNSやブログ、YouTubeと違って誰でも読めるわけではありません。

読者になるには、メールアドレスや名前を登録しないといけません。
SNSやブログ、YouTubeよりもハードルが高いですよね。

でも、本当に読みたいと思うなら登録しませんか?

つまり、自分の意思で読みたいと思う関心のある人が登録してくれます。
ですから他のメディアよりも、より関心度の高い人が集まってきてくれます。

商品のオファーを自動化できる

メルマガには、ステップメールという機能があります。(メルマガサービス会社によってはない場合も)

ステップメールとは、登録した時点から第1回から順に流れていくメールのことです。

配信側はあらかじめステップメールの内容を用意しておく必要があります。

例えば、英語学習に関するステップメールを作ったとします。
「1週間でTOEIC200点アップ!メールセミナー」とか。

登録した時点から1週間にわたって、200点アップのコツを配信していきます。

読者は、当然TOEICで点数を上げたい人(関心のある人)です。
毎日送られてくるメールを読みながら、さらに知識と関心が高まっていきます。
有益な情報を得られて、読者は感謝もしてくれるようになります。

そして、メールセミナーの最後にセミナーの案内や、英語教材の案内をしたらどうでしょう。
それまでのメールで関心が高まっている人はさらに学びたいと思うかもしれません。

こんな風に、関心のある人にだけ、商品のオファーもできるようになります。
しかも登録さえしてもらえれば自動的に。

無理に売り込まなくても、関心が高まっていますから商品をおいておくだけでいいです。

関心のある人に、関心のあるものを用意しておく。

ライブ会場で、バンドグループのグッズを置いておくのと同じです。

お申し込みフォームとしても使える

メルマガに登録してもらうには、登録フォームが必要です。

この登録フォームは、メルマガ配信用としてだけではなく、商品やサービスのお申し込みフォームとしても使えます。

登録してもらった際の自動返信メールに商品やサービスの案内を書いておけば、わざわざ一人一人に案内を出さずにすみます。

そして何よりも、購入者リストになります。

例えばセミナーの申し込みフォームにしたら、参加者名簿になります。
また次回のセミナー案内を参加した人にだけ送ることもできます。

一度購入してくれた方は関心も高いですからね。

メルマガのデメリット

メルマガをやる目的として、メルマガの良さを説明しましたが、当然デメリットもあります。

100%届くわけではない

残念ながらメルマガは100%届くわけではありません。

迷惑メール扱いにされたり、そもそも登録のメールアドレスに誤りがあったり。
理由は様々ですが、100%相手に届くわけではありません。

ただ100%に近づける対策はできます。

例えば

・届きやすいメルマガサービスを使う
・登録はダブルオプトインにする(認証メール確認後登録になるもの)

など。

届きやすいメルマガサービスについては後ほど紹介します

開いてもらえない

メルマガが届いたとしても、必ずしも開いてもらえる保証はありません。
たくさん届くメールに埋もれてしまったり、時間がなくてスルーされたり。

そんな状態でも開いてもらえるように、読者が読みたいと思えるメールを送る必要があります。

・読みたくなるタイトル
・読者が関心のある濃い内容
・配信時間

など、ただ書いて送るのではなく、読んでもらえる工夫が必要です。

費用がかかる

無料で使えるメルマガサービスもなかにはあります。
ただ、届きやすさや機能面を考えると有料のサービスを使うのが無難です。

SNSやYouTubeなど無料でできるメディアもあります。
でも先に説明した目的のように、有料でもやる価値があります。

僕も妻もメルマガから最も売上を上げていますから。

おすすめのメルマガサービス

僕はこれまで様々なメルマガサービスを使ってきましたが、今使っているのは「マイスピー」です。

MyASP(マイスピー)- ネットビジネスのためのオールインワン配信スタンド
MyASP(マイスピー)は、インターネットでビジネスをする全ての方に必要なあらゆる機能を兼ね備えたオールインワン配信スタンドです。高いメール到達率や手厚いサポート、値段以上のパフォーマンスをご提供します。

メルマガを配信するだけなら、他のサービスでもいいのですが、販売も考えるとマイスピーをおすすめします。

PayPalと連動できて商品の販売ができる

マイスピーは、PayPalと連動できます。
PayPal経由でお客様はクレジットカードで決済することができます。

PalPal上でわざわざボタンを作らなくても、マイスピー上で作ることができます。

PayPalと連動するとどんなことができるかというと

・PayPal決済後に、案内メールを自動的に流せる(PayPal自体には自動返信機能がありません)

決済を確認して、購入者に一人一人メールを送るなんてことをしなくてすみます。

また、1度きりの決済だけではなく、継続課金も可能です。

銀行振込にも対応

クレジットカードではなく、銀行振込で決済したお客様もなかにはいます。

支払い方法を、銀行振込かクレジットカードを選べるようにできます。

銀行振込で入金があった場合は、管理画面で受領確認のボタンを押せば、用意しておいた案内メールを自動的に出すことができます。

PayPal用、銀行振込用とフォームを別にしなくても
PayPal(クレジットカード)にも、銀行振込にも1つのフォームで対応できるということです。

シナリオ数、メール配信数、読者数無制限

マイスピーは、シナリオ数(ステップメールやフォームの数)、メールの配信数、読者数が無制限です。

固定の料金内で、商品やサービスごとにフォームをいくらでも作れますし、何回でもメールを配信できます。

プランはいくつかありますが、パーソナルプラン以上がおすすめ。
メルマガが始めての方はビギナープランでもいいです。

スタンダードプランだと、会員サイトも作れます。

MyASP(マイスピー)- ネットビジネスのためのオールインワン配信スタンド
MyASP(マイスピー)は、インターネットでビジネスをする全ての方に必要なあらゆる機能を兼ね備えたオールインワン配信スタンドです。高いメール到達率や手厚いサポート、値段以上のパフォーマンスをご提供します。

最後に

SNSやYouTubeがあるのにメルマガをやる目的を説明してきましたが、いかがでしょうか

SNSやYouTubeは、終了する可能性もありますし、そうなった場合はフォロワーは0になります。

メルマガでメールアドレスがわかっていると、いつでも連絡できます。

江戸時代の商人は、顧客台帳を何よりも大事にしていたいと言われますからね。

一斉配信のメルマガを出さなくても、販売の自動化や顧客管理にも使えますので導入してみてくださいね

タイトルとURLをコピーしました