芸人さんに学ぶ一発屋で終わらないための、商品と個の考え方

内藤です

お笑いの世界って厳しいですよね。

一発屋で終わる芸人さんと、ずっと売れ続ける芸人さんがいます。
一発屋で終わる人って、最初の売れている時になんとなく分かりませんか?

「あ、この芸人さん一発で終わるな…」と。

彼らの違いってなんでしょうか

一発屋の人って面白いギャグやネタで、ポッとでてきます。(下積みは長かったとしてもテレビ的には、ポッと出に見える)

その時は世間が求めているので、出る番組出る番組、同じギャグやネタばかりします(させられます)

しかし、そのギャグやネタの芸ばかりが取り上げられ、その本人のキャラはどんどん薄くなります。中には名前やコンビ名が浸透せずに、芸ばかり覚えられることも。

つまり、「1つの芸だけが」売れている状態です。

その芸をやらないと、その芸人さんの存在価値がないみたいな、その芸をやるためだけに、出演しているのってありますよね。

でも、時がたち、その芸が飽きられると、その芸人さんはぱったりと聞かなくなります。

これが一発屋です。

一方、芸よりも(芸だけだはなく)、キャラが売れた人。
芸というよりも、その人自身が面白いから、いろんな番組でいろんな役割で起用されます。

MCやったり、ドラマにでたり、歌までうたったり。

本来のお笑いの枠を超えています。

これといった目立った芸やギャグやネタがなくても、その人自身が面白いので、飽きられません。これが長く続く芸人さんです。

ネットでも同じで、商品やサービスにファンが付き、大ヒットすることはあります。

でも何十年もヒットし続けるものって、そうそうありません。

今売れている商品、サービスがいつまでもニーズがあるものではありません。

「次なにやるの? あなたの商品なら買うから」

と言われるように『個』もしっかりと出さないとですね。

芸(商品)だけではなく、キャラ(個)も売りましょう

こちらの再ブレイクしている芸人さんのように、誰に向けるかを明確にすることも大切です

お笑い芸人・小島 よしおさん新境地 ライブには子どもたちの姿(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。