仕事について。やりたいことと、与えられるものは違う

内藤です

突然ですが、

何のために今の仕事をしていますか?

こんな話しがあります。

これは、アメリカでのお話です。
ある鉄道会社の社長が、路線の修理現場を視察していました。
すると、ひとりの作業員が親しげに話しかけてきました。

「久しぶりだね! 君もずいぶん出世したものだね。
君が社長になったと聞いたときは、本当に驚いたよ。」

見ると、その作業員は、約10年前に社長と一緒に作業員として働いていた友人でした。
そして、その友人は言いました。

「10年前は一緒に、50ドルの日給をもらうために働いていたのにね。君も変わったね」

社長は答えました。

「…そうだったのか。君は50ドルをもらうために働いていたのか。
私は、10年前も今も、この鉄道会社のために、そして、世の中の人のために、快適な旅をしてもらうために
働いているんだ」

(引用文献) 
『私が一番受けたいココロの授業 講演編
与える者は、与えられる—。』
比田井和孝・美恵 著 / ごま書房新社
私が一番受けたいココロの授業 講演編 与える者は、与えられる―。

目的が違うと、大きな違いが出てきます。

作業員は、自分のために、社長は、周りのために働いていました。

僕は、

『与えることで、お金は得られるもの』

だと考えています。

与えることで、お金は得られるもの

『与える事』とは、『役立つ事』とも言えます。

社長は、快適な旅を提供することで、世の中の人に喜びや幸せを与えていました。

10年前に、将来自分自身どうありたいのか『あり方』をちゃんと見れていたのです。

一方作業員は、将来どうありたいかなど考えておらず、きっと目先の給料の事だけしか見えていなかったのでしょうね。

もう一度聞きます。

何のために今の仕事をしていますか?

将来どうありたいですか?

ここを見誤ると、情報発信の仕方も違ってきます。

受け取る相手がいてこそ、与えられる

でですね、

『じゃあ何か役立つものを与えればいいんだ!』

と思って、行動に移そうとする方がいますが、ちょっと待ってください。

行動に移すのは良いのですが、与え方を間違うとうまくいきません。

自分が与えたいものを、相手が欲しがってるか関係なく出していったら、それは迷惑ですよね

与えたつもりでも、相手は受け取っていません。

当然お金にも変わりません。

よくある間違いは

・与えようとしてるものが、欲しがってるものではない
・与えようとしてることに、気が付いてない
・与えるもの自体が良くない

など。

『売れない商品』てよく言いますが、上記のようなものは、まさにそれです。

結局は、相手があっての事です。

相手が欲しがってるものを、ちゃんと相手に分かるように伝えなければうまくいきません。

自分の商品・サービスが、お客様が欲しがっているものか、
もしくは、サービスにあったお客様に向けているか、
欲しがっているものだと気づいてもらえているか、
提供していることがちゃんと伝わっているのか

これらをちゃんと考えたうえで、与えるという行動に移さなければいけません。

相手目線。
ブログなどで発信する内容も全く一緒ですね