Facebookは自分を良く見せるためではなく、自分の人柄を伝えるために使う

内藤です

Facebookって人柄が伝わりやすいです。

「ネットでの印象と実際が同じですね〜」と言われる事が多くなったのですが、それはやっぱりFacebookの投稿のおかげだと感じるのです。

Facebookをやっていなかった頃は、「ブログの文章から伝わる印象と違いますね」などと言われたこともありますが、それがあまり聞かなくなりました。

ブログはお役立ちの記事やノウハウ記事が多くなるので、「人柄」が伝わりにくいところがあります。でも、Facebookは人とのコミュニケーションも多く、またスマホからプライベートの事もアップしやすいので「人」がこれまで以上に伝わります。

例えばこのような田舎風景をFacebookでアップすると、この自然な感じが僕の人柄としても伝わるのです。

ちなみに今日は朝から地域の道路愛護の掃除でした。農道の掃除ですが、使う人がどれだけいるんだろうか^^;

ブログだけでは伝わらない人柄や世界観が見せられます。

Facebookは、人対人のメディアですから、人が見えないと反応が落ちます。

Facebookページではそれが顕著にでますね。Facebookページは、ニュースフィードに流れた時、他の個人名で流れる投稿に混ざって、ページタイトルで表示されます。

個人名ではないので、「人」ではなく、単に「ページ」とか、「企業」とか、「お店」とか、「ビジネス」とかに見られます。

ですから僕はFacebookページでは敢えて「内藤です」と名乗ったり、固くならないような表現の文章にして「人」がいるということを感じてもらうような工夫をしています。

Facebookでありのままを見せよう

本当の自分とは違う人柄を見せても意味がありません。辛くなるだけです。

普段の日常の写真や、そこから感じる事、自分の考えを投稿すれば、人柄や世界観は伝わります。

飾った発信や、背伸びした発信は、自分が本来持っていない誤った情報を与えることになります。

自分を良く見せるためではなく、ただ自分がどんな人かを見せるつもりで発信した方がいいですね。

⇒ 11月に開催します
ブログとFacebookで引き寄せる最強のファン作りセミナー in 札幌

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。