WordPressを活かす、Facebookとの3つの連携の仕方

内藤です

WordPressはやっぱりいいな〜と最近改めて思います。このサイトももちろんWordPress。

WordPressは基本的にブログですが、その良さは
・記事が残る(ストックされる)
・検索からのアクセスが来る
・訪問者は能動的に読む

など。

SNSだけではなかなか出来ないことです。

SNSは投稿がどんどん流れて行くフローメディアですが、ブログはどんどん溜まっていくストックメディア。だから、続けていると検索にもヒットするようになります。

また、SNSは流れてきた投稿を受け身で見るのに対して、ブログは能動的にわざわざ1つのブログに行って読みます。

つまり、ブログには、濃い読者、関心の高いファンが集まりやすいということ
さらにブログが育ってくると、更新頻度が落ちてもアクセスが来ます。

ブログとSNSは、特徴が大きく異なります。簡単にまとめるとこんな感じ

ブログSNS
メディアの型ストックフロー
見ている時の状況能動的受動的
検索ヒットするヒットしない
見てもらえる場わざわざ来てもらう必要がある既に人が集まっている

WordPressは、ブログとしても、ホームページとしても使える

ブログとSNSは特徴や得意分野が違うので一方だけ使うとか、それぞれ単独で使うよりも、連携して使った方が効果的です。

今回は、ブログをWordPress、SNSをFacebookとして説明します。

まず、WordPressには「投稿」「固定ページ」の2種類の記事があります。「投稿」は、カテゴリを選んでそのテーマにそって更新性のある記事をためていく記事。「固定ページ」は「会社概要」「メニュー」など、主に更新性のない記事に使います。

それからWordPressは、カスタマイズの自由度が非常に高いため、ブログにように見えないデザインにしたり、「固定ページ」を使って企業サイトのような、いわゆる「ホームページ」として使うことも可能です。

もはや「ブログ」や「ホームページ」と分けるべきではないかも知れませんが、分かりやすくするために分けてみます。

WordPressとFacebookの連携のパターン

WordPressをどんな風に使うか? それぞれFacebookとの組み合わせを書きますね。

・WordPressを「ブログ」として使う(主に「投稿」)
・WordPressを「ホームページ」として使う(更新性が少なく、主に「固定ページ」)
・WordPressを「ホームページ」の中に「ブログ」があるように使う

Facebook + 「ブログ」として連携

WordPressを本来のブログ通りに使う場合です。このサイトも「ブログ」として使っています。

日々の記事更新を「投稿」で書いて、セミナーやサービスに関する記事は「固定ページ」を使っています。

「投稿」を更新して、その記事に繋がる導入記事をFacebook(Facebookページ)で投稿する流れです。ブログに来て記事を読んでもらい、「固定ページ」で作った重要な記事に誘導する流れです。

読者の流れとすると
Facebook(Facebookページ) ⇒ ブログ投稿記事 ⇒ 重要記事

投稿記事を読んで、重要な記事に誘導できるように、記事下にリンクを設置するような動線作りが必要です。

Facebook + 「ホームページ」として連携

WordPressは、主に「固定ページ」で重要な記事のみ用意し、あまり「投稿」はしないで使うパターン。更新の少ないホームページですね。

日々の更新はFacebook(Facebookページ)で行い、何かイベントや告知があるときやにWordPressに誘導する流れです。

サイト内にFacebookページを埋め込み、更新性を見せるサイトもあります。

読者の流れとすると
Facebook(Facebookページ) ⇒ ホームページ重要記事

ホームページをWordPressで作っている企業はこのパターンが多いですかね。

Facebook + 「ホームページ」の中に「ブログ」で連携

WordPressの見た目はホームページの中にブログがあるような形。
トップページを「固定ページ」にすると2つ目の同様に「ホームページ」に見えますが、「投稿」も使いブログの要素も出します。

「固定ページ」で重要な記事を用意し、日々の更新を「投稿」で行います。WordPress自体も更新性がでるので、検索にも強くなり、育ちやすいです。

「投稿」を更新して、その記事に繋がる導入記事をFacebook(Facebookページ)で投稿する流れです。ブログに来て記事を読んでもらい、「固定ページ」で作った重要な記事に誘導する流れです。

読者の流れとすると
Facebook(Facebookページ) ⇒ ブログ投稿記事 ⇒ 重要記事

こちらなんかまさにそうですね
⇒ 大仙市観光物産協会 どど〜んと大仙市

「だいせんのイベント!」などが、「投稿」で更新されています。

最後に

WordPressも日々更新した方が、喜ばれるサイトになり、検索にも強くなります。
1つ目の連携の仕方か、3つ目の連携の仕方が長い目でみたときにお勧めです。また、Facebookから誘導する時も、日々の投稿記事に誘導できますからリンクしやすいです。

2つ目の固定ページだけで、日頃の更新性がない使い方は、アクセスが増えませんので、SNSが強かったり、広告を使う場合に向いています。

WordPressをどう使って、Facebookと連携させるか参考にしてみてくださいね

Facebookとブログを使ったファンの作り方&事例集

Facebookとブログで、ファン作りがうまく行っている事例集とメディアの構築法をプレゼントいたします

募集中のセミナー

■ネットでファン塾 4期募集中
WordPressとSNSで、「あなたから欲しい」といわれるメディア構築講座
詳しくはこちらから

■1/21 金沢
自然体で楽しみながらブログやfacebookで発信するセミナー

■3/18 名古屋セミナー


内藤勲のプロフィールはこちら

Facebookとブログを使ったファンの作り方&事例集

 

TwitterやFacebookでも発信しています