Facebookで目を引く無料の写真素材

内藤です。

facebookで写真てとても大事です。

沢山の投稿の中から、自分の投稿を見てもらうためには、明るくきれいな写真を使いたいです。

ただ、投稿内容と全く関係がないと違和感を与えてしまうので、投稿内容に関連する写真を選びたいですね。

自分で撮った写真がベストではありますが、手持ちの写真でいいものがない事も多々あります。

僕はこのブログで無料の素材サイトの写真を使う事も多いのですが、「ブログで使ってる写真いいですね。どこの素材サイト使ってますか?」というような事をよく聞かれます。

Facebookへリンク投稿する時に、アイキャッチ画像に設定する画像はやはり慎重に選びます。

僕がよく使っているのはこちら

無料の写真 – Pixabay

無料で使う事ができます。商用利用もできます。

トップページの検索窓に、キーワードを入れて検索すれば、関連した写真がでてきます。

例えば「紅葉」と入れると、紅葉の写真が一覧で表示されます。

※横1列目の写真はスポンサー画像で、これは有料になります。2列目以降を選んでください

好きな写真をクリックし、サイズを選んでダウンロードができます。

このようにダウンロードした画像をアップして使う事ができます。

この無料の写真素材サイト「pixabay」は、画質も良く、きれいな写真が多いです。

こんな写真は使わない

ただ、ブログやFacebookに使う場合に、こんな写真は使わないように気を付けています。

・投稿内容と関係がなく、ただ目を引くもの
・以前使ったもの
・エフェクトがかかりすぎているもの
・暗く寒々しいもの
・外国人モデルの写真

などです。

投稿内容と関係がなく、ただ目を引くもの

投稿内容と関連のない写真は極力使わないようにしています。ただきれいで目を引くからといって選んでしまうと「釣り」にもなりかねません。

投稿を読んで「で、この写真は?」となると違和感を与えてしまうからです。

写真は、投稿内容を理解しやすいようにイメージを与える役割ですから、内容と関係ないのはよくありませんね。

以前使ったもの

何度も使っていると、「前に見た気がする…」と思われてしまいます。

無料素材サイトの注意点は、他のユーザーも使っているので、かぶってしまう場合があります。自分では始めて使うつもりでも、よく使われている可能性もあるわけです。

ですから、無料素材ばかりを使うのではなく、手持ちがない場合の手段として使うようにしたいです。

エフェクトがかかりすぎているもの

pixabayにある写真のなかには、エフェクトがかかりすぎていて、一瞬写真なのかCGなのかが分からないようなものもあります。

不自然な印象になってしまうので、使わないようにしています。

怪しい印象とか、暗く寒々しいもの

暗く寒々しい写真は、投稿内容も暗い印象になります。

投稿内容が暗い話ならば、合っていていいかもしれませんが、あまり暗い話は書かないので、そういった印象になる写真も使いません。

怪しい印象の写真はそのままの印象を与えてしまいますね。投稿内容まで胡散臭くなってしまいます。

外国人モデルの写真

外国人モデルの写真を使うブログをよく見ますが、日本人相手だと違和感を感じてしまいます。

ん、、なんかやっぱり、しっくりこない^^;

Facebookで使う写真、またはリンク投稿でサムネイル画像になる写真はじっくり選んで使いましょう。