経験話は誰かの勇気になる

経験話って、思いっきり、その人がでます。
だって話の主人公なわけですから。

だから、臨場感があるし、重みがあるし、共感できます。
経験に勝るものはありません。

例えば僕の経験話をすると、、

僕は大学卒業後に大学院に行くつもりでした。
実際に試験も受けて合格していました。

でも実際には行かなかったんです。
大学卒業1週間前に大学院行きを辞退したのです。

どうしてもスキーがしたくて(笑)
もちろん、大学院に行きながらでも出来たでしょうが、僕のやりたいジャンルのスキーが出来る環境ではなかったんです。

僕は、冬の間どっぷりとつかって上達したかったんです。
だから、急遽大学院行きを止め、夏は工場でバイトして、冬はスキー場に籠もりました。

なので就職活動してません^^;

あの時、周囲からは止められましたが、僕の気持ちは変わりませんでした。
そして大学院行きを止め、スキーの世界に入ったことを後悔していません。

強い想いがあれば、どんな選択をしても後悔しないものになりますね。

と、こんな風に書いた文書を読むと、僕という「人」を感じたと思います。
そして、メッセージも感じられたと思います。

で、経験て何も成功の経験だけが人の役に立つわけではないです。
むしろ、失敗談とか、やらかしてしまった話の方が参考になることが多いです。

僕もアメブロの削除話をすると、みんな目の色を変えて聞きます(笑)

だから、人前で喋るときも、ブログやFacebookでも経験話をするのがいいです。自撮りの顔写真ばかり上げるよりも。

その方が自分という「人」が伝わります。役に立ちます。

すぅーと引き込まれて、全然売り込み感が無いけれど、うまく販売に繋げている文章って、経験話が語られていることが多いです。

だから「そうそう」と共感をうみ関心を高めるのです。

一方経験話が全然なく、商品のことばかり、サービスの良さばかりを強調する文章は共感をうみません。

繰り返せば繰り返すほど嫌がられます。

僕も以前アメブロのカスタマイズのブログをやっていた頃、自分のことや、経験話など全然しませんでした。

確かに役立つブログではありましたが、「ファンです」とか言われることはありませんでした。

他にもカスタマイズのブログがでてきたら、そちらに流れてしまっていましたね。

そして、自分のことを書いたり、経験話をするようになると、メッセージをもらうようになったり、セミナーをやると

「内藤さんに会いにきました。内容は何をやるのか分かってないですけど(笑)」

というような方まで出てきたのです。

「この人から受けたい!」と思われるためには、自分の経験を語ることです。

今の自分を作っている経験、辛かったこと、うまくいかなかったこと、全部自分しか語れない「ネタ」です。

ハッキリ言って最高のネタです^^

「ネタ」というと軽く聞こえてしまうかもしれませんが、多くの人を勇気づけてくれるものです。

でも、それも口に出すから誰かの勇気になります。
ブログに書くから、役に立つ人がいます。

もっと経験話してみませんか?

こちらでもアメブロの削除の経験話や人気ブログになった経緯などお話します^^
11/13 アメブロとFacebookの使い分けセミナー