ワードプレスでブログ運営を行う6つのメリットと5つのデメリット

ワードプレス(WordPress)はブログですが、無料でできるブログサービスは他にも沢山ありますよね。
例えば、アメブロとか、はてなブログとか、LINEブログとか。

その中でもワードプレスを使うメリットとデメリットを僕なりに挙げてみました。

ワードプレスを使うメリット

1.ワードプレスは、独自ドメインが使える

例えば、アメブロなどのサービスを利用すると
『https://ameblo.jp/自分のアカウント』
という形で、ameblo.jpが必ず付いてしまいます。

独自ドメインとは、自分オリジナルのURLになります。
例えば、このブログのように『https://naitoisao.com』とか。

名刺にアドレスを載せる場合も無料ブログサービスのURLと、独自ドメインとでは信用度や印象が変わってきます。

それに、自分オリジナルのアドレスは気分が良いですしね〜

2.ワードプレスは不要な広告が入らない

ワードプレスは、自分で契約したサーバーにインストールして使うものです。

一般的な無料ブログサービスのように広告が入りません。
有料で非表示にすることもできますが、そうするとワードプレスにかかる費用の方が実は安く済む場合もあります。

3.ワードプレスはカスタマイズの自由度が高い

ワードプレスはカスタマイズの自由度が非常に高いです。
デザイン的な見栄えも大きく変えられますが、機能の追加も無限といっても良いほど可能です。

ワードプレスは世界中で使われていて、プラグイン(機能拡張)も世界中で開発されています。
便利なプラグインを好みに合わせて使う事ができるので、カスタマイズが無限にできるのですす。

例えば、ショッピングカートをつけたり、掲示板にできたり、SNS化できるプラグインもあります。

2で広告が入らないと書きましたが、逆にGoogleアドセンスなどアフィリエイト用の広告やバナーも自由に設置ができます。

4.ワードプレスは、サービス終了やアカウント削除の不安がない

無料のブログサービスは、運営会社の意向でサービスの終了があったり、使い方によってはアカウント削除があります。
そういう僕も商用利用していたためアメブロを過去2度削除されました(笑)

ワードプレスは、自分のサーバーにいれて使っていますので、サービスの終了などのような影響がありません。
自分でやめない限りは、一生ものになります。
※サーバー会社の規約に違反した内容はNGです。

5.ワードプレスは検索されやすい

ワードプレスは、Googleからの評価も高く、検索されやすいと言われています。

ワードプレスはオープンソースで、テンプレートも世界中で作られています。
日々検索に強いテンプレートが出てきています。

ワードプレスは、記事を簡単に増やしやすいブログであることも、その一因です。
記事が増えれば増えるほど検索されやすくもなり、価値も高まっていきます

6.ワードプレスは「投稿」と「固定ページ」で、ホームページとしても使える

ワードプレスには、2種類の記事があります。
これ無料ブログとは違うところです。

1つは、「投稿」
カテゴリを決め、それに沿った内容を投稿していくもの。
無料ブログの記事と同じです。

もう1つは、「固定ページ」
固定的な記事を「投稿」とは別に作ることができます。
例えば、会社概要とか、プロフィールとか、アクセスとか、メニューとか。

「投稿」と「固定ページ」の使い方は自由ですが、組み合わせ方によっては、ブログが入ったホームページとして使うこともできます。

ワードプレスを使うデメリット

1.ワードプレス運営にかかる料金

ワードプレス自体は無料ですが、インストールするサーバーや独自ドメイン代の維持費がかかります。

とは言っても、安いところならば年間5000円前後でできるものもあります。
アメブロなど、無料ブログサービスの広告を外す有料サービスよりも実は安かったりします。

例えば、アメブロの広告を外す場合は、月額1008円かかります。
年間だと1008円✕12で12,096円

これが「ロリポップサーバー」のスタンダードプランだと、年払いで月500円になります
ドメインの年間費用が、「.com」でおおおそ1500円程度です。
そうすると、500円✕12+1500円で7500円。

ワードプレスの方が安くできます。
ただ安すぎると、表示速度やサポート面で不安な面もあるので、安いという理由だけで選ばない方がいいです。

僕がお勧めするのは、エックスサーバー
→ 月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』



ドメインとあわせても、年間15000円程度です。

2.ワードプレスはSNSではない

ワードプレスは、自分ひとりが独立したブログです。
例えば、アメブロならば、アメブロユーザー同士の繋がりがあります。

アメブロユーザーは、読者登録機能やアメブロのいいね、リブログなどで、アメブロユーザー同士の繋がりが簡単にできていきます。
ワードプレスは、このようなユーザー同士の繋がりがないのです。

言ってみれば、
アメブロのような無料ブログは、既に人通りのあるショッピングモールに出店するようなもの。
ワードプレスは、人通りのないところに自社店舗を構えるようなもの。

だから、ワードプレスはアクセスが増えるまでに時間がかかるのです。

3.ワードプレスは育つまでに時間がかかる

2にも書いたように、ワードプレス単体では他のブログとの関係が作りにくいです。
検索からのアクセスもすぐに来るわけではありません。

検索ユーザーを意識して、継続して投稿するから検索にヒットするように徐々になります。
ですから、ワードプレス単体ではなく、ツイッターやFacebookなどのSNSで更新情報を流すことも欠かせません

4.ワードプレスはウィルス対策が必須

ワードプレスは世界中で使われています。
ユーザーが全世界にいます。

そのため、ウィルスやスパム攻撃など狙われやすいです。
僕も以前被害を受けたことがあります。

不正にログインされて、ファイルを書き換えられたり、サーバーにファイルを置かれて、そこから海外サイトにアクセスを送っていたり。

今はサーバー会社がセキュリティを強化してくれていますが、自身でも対策は必要です。

・ワードプレス本体や、テーマ(テンプレート)、プラグインのバージョンアップは最新のものにしておく
・セキュリティ対策のプラグインを入れておく

僕が入れているセキュリティ対策のプラグイン
・SiteGuard WP Plugin
・Akismet

5.ワードプレスは始めるまでが難しそうに感じる

ワードプレスは元々ブログですので、記事の投稿や画像のアップロードなどは簡単にできます。

でも、インストールや設定、プラグインの追加、カスタマイズなど、始める前に壁があり難しそうに感じてしまいます。
この壁の時点で「やっぱりやめよう…」と挫折してしまう方は非常に多いです。

特にアメブロなど、他のブログの管理画面になれていると、余計に難しく感じてしまいます。
でも、毎日毎日さわってみることで慣れていきます。

ワードプレスに慣れるように、こちらも参考にしてみてくださいね

関連記事:WordPress(ワードプレス)の始め方。サーバーやドメインの取得から記事を書けるまで
関連記事:WordPressを放置しないための、記事の書き方マニュアル

メリット・デメリット紹介しましたが、ワードプレスは楽しいですよ〜
興味があったら検討してみてくださいね

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる