エックスサーバーを使ったWordPress(ワードプレス)のはじめ方。WordPressのインストールまで

今多くの無料ブログサービスがあったり、フェイスブックなどのソーシャルネットワークがありますよね。

無料のブログサービスは、アメブロのように商用利用が禁止されているものがあったり、メンテナンスでアクセスできない場合もあります。

ワードプレスには、次のようなメリットがあります

  • 無料ブログ等にあるサービス終了やアカウント削除の不安がない
  • 無料ブログ等で定期的にあるメンテナンスで、アクセスできないという心配がない
  • 自分(会社やお店)オリジナルのURL(アドレス)にできる⇒信頼度アップ
  • 無料ブログにあるような広告の表示がない
  • 問合せやお申込み、メルマガ登録などお客様に行動を取ってもらえる場所になる

『ワードプレスはなんだか難しそう』

そう思っていませんか?

今回はワードプレスの簡単な設定方法と特徴をまとめてみました

ワードプレスをはじめる前に

まず、ワードプレスは

・レンタルサーバー
・独自ドメイン

この2つを契約しなければいけません。

レンタルサーバー

サーバーとは、インターネット上にある部屋だと考えてみるとわかりやすいです

レンタルサーバーは、ネット上の部屋を借りるようなもの。

その部屋には、ファイルや画像などを置くことができます。

アパートやマンションなどいろんな部屋があるように、サーバーにもいろいろあります。

それによって、値段も変わってきます

ドメイン

ドメインは、部屋にかける表札だと考えてみるといいです。

サーバーをレンタルした時点で、サーバー会社の名前が含まれたドメインがあります。

例えば、naitoisao.xsrv.jp (エックスサーバーの場合 zsrv.jp が付きます)

独自ドメイン

自分だけのドメインを、独自ドメインといいます。

サーバー代とは別で年間約 1000 円〜3000 円程度費用がかかりますが、ビジネスで使うならば独自ドメインの方が良いです。

インターネットで、ブログやホームページを見にいくのは、その部屋に遊びにいくようなものです。

その時、部屋に表札をかけておくと迷わずにたどり着けるようになります。

基本的に、レンタルサーバーと独自ドメインはセットで考えておきましょう。

ただし、別契約になります。

それぞれの費用は、サービス会社やプランによっても違います。

今回紹介するエックスサーバーの例でいうと一番安いプランの「X10」で、

・初期費用 3,240円
・月額1080円(12ヶ月契約の場合)

12ヶ月契約で16,200円(税込) (初期費用+月額)です。

また、キャンペーン中なら通常年間1500円のドメインも無料でもらえます。

※サーバー会社によっては、月額500円以下で利用できるものもあります。

エックスサーバーを借りる

エックスサーバーのサイトから、申込み手続きを行います
→ レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

右側にあるサーバー無料お試しの「お申込み」から手続きに移ります。

初めてのご利用・新規お申込みの方から進みます。

サーバーID、プラン、お客様情報を入力して申し込みます。

サーバーIDは、エックスサーバーのアカウントになります。 サーバー管理画面にログインするときなどに使います。

プランはX10で、後から変更も可能です。

申し込みが終わると、設定完了のメールが届きます。

独自ドメインの取得

エックスサーバーのキャンペーン期間中ですと、独自ドメインが無料で使うことができます

設定完了のメールにあるサーバーパネルから管理画面に入室します。

各種お申込みの「キャンペーンドメイン」から、希望の独自ドメインを取得します。

あまり長すぎず、覚えやすい、入力しやすい方がオススメです。

ネームサーバー設定

今度は、サーバーと独自ドメインと関連づけます。

表札を部屋にかける作業です。

これをしないと、取得したドメイン(URL)にアクセスしても何も表示されません。

エックスサーバーのインフォパネルへログインし、「ご契約一覧」にある「ドメイン」から「ドメインパネル」をクリックします。

エックスサーバーのネームサーバーを入力し、「ネームサーバーの変更(確認)」→「ネームサーバーの変更(確定)」をクリックします。

→ ネームサーバーと、変更の仕方はこちら

ネームサーバー1が「ns1.xserver.jp」
ネームサーバー2が「ns2.xserver.jp」
になっていればOK

infoパネルの「ご契約一覧」から、サーバーパネルのログインをクリック

サーバーパネルの、「ドメイン設定」で、取得した独自ドメインがあるか確認します

ない場合は、「ドメインの追加設定」で、取得した独自ドメインを追加します

ネームサーバーの変更がインターネット上に安定して反映されるまでには数時間~24時間かかります。

SSL対応

SSLとは、ネット上でのやり取りを暗号化したり、セキュリティを高める機能です。

URLの始まりが「http://」から、「https://」になります

アドレスバーにも、「保護された通信」と表示されます

利用する側も安心ですし、GoogleもSSL対応を呼びかけています

エックスサーバーでは、年間1000円から利用できるSSLも用意されています

→ オプション独自SSLのお申し込み手順 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

WordPressを始めてからSSL化するのは手間もかかります(リンク切れになったり、SNSのいいねの数字がリセットされたりします)ので、対応させる場合は、予め行っておくといいです。

必須ではありませんが、できる限り導入したほうがよいでしょう。

WordPressのインストール

サーバー、ドメインの準備ができたら、WordPressのインストールです

エックスサーバーのサーバーパネルで、「自動インストール」から行います

インストールするドメインを選択します

「プログラムのインストール」で、WordPress日本語版の「インストール設定」をクリック

各欄を入力していきます

ブログ名は、後から変更可能です
インストールURLは、ドメイン直下にWordPressを入れたい場合は、空欄にします。
ユーザー名は、ログイン時に必要なIDになります。 「admin」はセキュリティ的にNGです。

最後に、インストールボタンを押せばWordPressのインストールが完了です。

WordPress自体のインストールは簡単ですが、その前の準備等が少し手間ですね^^;

何度もやるものではありませんが、参考にしてみてください

インストール後の操作などについては、また今度