繋がりを見つけ、ストーリーにしていく

内藤です。

年末にも触れましたが、「下町ロケット」。
面白かったですね〜。

なかなかアツいドラマでしたが、ああいう人としての熱意とか理念とかが、受け入れられる時代の流れになっているのかもしれせんね。

ただ単にものが売れればいいという時代ではないですね。
やっぱりファンになってもらうことが大切です。

さて、ドラマとか映画の撮影って、

・ストーリーの流れに沿って撮影するパターン
・出演者のスケジュールや現場の状況によって、流れに関係無く撮影し、後で編集でストーリーを組み立てていくパターン

があるそうです。

後者の場合は、一番最初の撮影が、ストーリーの途中だったりもするわけです。

それをちゃんと、その場面の気持ちになって演技するんですから、俳優さんは凄いですね。

そんな時、俳優の人達は、

どんな展開になっていくのか?
このシーンにどんな意味があるのか?

その時は分からない場合もあるでしょうね。

はたまた「このシーン意味あるの?」って感じたりするかもしれません。
(もちろん台本でストーリーは分かってはいるのですが)

編集作業するのは、俳優の人たちではなくスタッフですから、出演者自身が完成試写会やテレビ放送で、ストーリーを初めて見るってこともあります。

その時になって、
「あ〜、あの時のあれは、ここに繋がってて重要だったんだな」
なんて思えたりするわけです。

僕はこれ、人生と同じだなって思います。

俳優も撮影も編集も、後で鑑賞するのも自分一人でやるのが人生。

例えば、熱心にやってきたことがうまく行かずに時間の無駄に思えたり、「なんでこんな事が起きるんだ!」ってことがあったり、この先が不安に思えたり。

その時は、バラバラな出来事のように感じます。
まるで部分部分で撮影しているかのように。
(もちろん人生は時間の流れで進みますが)

これは、まだ編集作業をしていない状態なのです。

編集作業で、起こった出来事の流れ(意味)を繋がないといけません。

編集作業をせずに、起こった出来事をそのままにしているから、バラバラに感じ、自分の人生の中で一体感が生まれません。

そして、

「意味がなかった」
「無駄だった」
「報われなかった」
「またゼロからだ」

と嘆いてしまいます。

そうじゃなくて、全ては1本の人生というストーリーです。
全てが繋がっています。

「あの出来事があって、こういう事が起こって、だからこそ今こうなっている」

こんな風に繋ぐ編集作業をしていくと、過去の出来事、経験は、全てにおいて意味を持ち、今に繋がっていきます。

そして、さらに未来のストーリーも見えてきます

その時々に出てくる選択肢には正解はありません。

ただ後になって編集作業をするときに、全ては必然で今に繋がっていることがわかります。

「良かった」こととして編集するのか、
「悪かった」こととして編集するのか

自分次第です。

僕も昨年は随分とバラバラに思える出来事がありました。
本当に^^;

でも、振り返って編集作業をすると、やっぱり全てに意味があって(その時はそう思えなくても)万事良好の「今」があるって分かります。

だから、その「今」から続く2016年もいい年になるなと予感しています^^

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる