ぶれない軸の作り方!今やっていることの本質を見つける

内藤です

この記事は、以前コンサルを受けてくださっている方向けに書いたのですが、大事なのでこちらでも書きたいと思います。

ネットで何かを発信するときに、やっぱり本質を伝えるって大事です。

表面的なことや、一見良さそうに見えるだけのテクニックではなく。

僕は、よく「どう書いたらしっかりと伝わるかな」って考える時、スキーのレッスンに置き換えて考えます。

スキーのインストラクターは約15年やってました。
お客さんの悩みやレベルは様々ですが、レッスンがうまくいくパターンがありました。

それは、テクニックを教えるのではなく、本質をちゃんとやるってことです。

コブ斜面を教えるスクールでしたが、お客さんはフラットな斜面は滑れてもコブは滑れません。
連続して滑れなかったり、暴走してしまったり。

で、僕が徹底的にやってもらったのは、フラットバーンでの「止まる動作」でした。

コブというと、モーグルをイメージする人が多いと思います。
あの膝を早く動かして衝撃を吸収して、ハイスピードで滑っていくような。

僕は、吸収動作とか全然教えませんでした。

なぜなら、それはテクニックであって本質ではないからです。

「コブを滑ること」と「止まる動作」って結び付きにくいですが、コブ斜面を滑ることも、スキーに変わりはありません。

スキーはターンの連続です。
コブ斜面もターンの連続です。

そして、ターンとは、減速動作の連続なのです。
ターンしなかったら、どんどん加速しますから。

そして、究極の減速動作が止まる動作なのです。

つまり、止まる動作の中に、ターンに必要な要素が全て含まれいるのです。

止まる動作がしっかりと出来ていない人は、それがターンにも出てきます。

一見うまく滑れているようでも、しっかりと減速できていなかったり、スピードが出すぎてしまったり。

これがコブに行けば尚更顕著にでます。

だから、徹底的に止まる動作をやって、ターンの質を高めていくのです。

僕がレッスンで求めているのは、完全にスピードが0になる状態の止まる動作です。

普通の人は、普段しっかりと止まる動作なんてしません。

わざわざ完全にスピードが0になるように止まってなんかせずに、リフト乗り場に行きます。

だから、出来ない人がとても多いんです。
級持ってる人や、指導員クラスの人でも。

みんなコブの上達方法は、テクニックにあると思っています。
でも違うんです。

ターン(減速動作)の根本(完全停止)にあるんです。

だから、完全に止まれる姿勢、重芯の位置、スキーの使い方が身に付くと、コブでもスピードをコントロールしながら滑れるようになります。

驚くほど上達します。

この成功の流れを僕は経験しているので、違う事にも当てはめやすいんです。

で、自分のなかで、これまでの成功体験を振り返って欲しいんです。
なんでもいいです。些細なことでも。

人に教えられることでいいです。

料理の仕方でも、掃除の仕方でも、得意なスポーツでも

そして、今やっていることの本質を見つけて欲しいです。

例えば、ブログのカスタマイズ。

ブログで発信することの本質は、「誰かに、何かを伝えること」です。

とすれば、カスタマイズは、綺麗にすることではなく、読みやすく、伝わりやすいようにすることだって分かります。

その本質を明確にして、それを発信していって欲しいです。

本質があるからこそ、テクニックも生きますし、ぶれない軸となります。

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる