1時間で50人以上のメルマガ登録!紹介のパワーと、仕方のコツ

今日は売り込まずに買ってもらえる仕組みの作り方のメールセミナー登録が止まりません!1時間前から、もう50名以上の方が登録してくれています。

なぜこんな短時間で増えているかと言うと、紹介されたからです。こちらの方のメルマガで。

紹介は大きな信頼をのせた応援

ブログやFacebook、メルマガなどで、誰のブログ等を紹介することってありますよね。もしくは、紹介をお願いされることも。

「紹介する」って、「応援する」ってことでもありますから、自分が応援される人でありたいなら、応援するべきだと僕は思っています。ただし、誰でも彼でも無闇に紹介するのではなく、「ちゃんと応援したいか?」「見返りを期待して応援していないか?」を自問した上でやらないといけません。

紹介のリンクからやってくる人は、紹介してくれた人の信頼をのっけてやってきます。
「この人が勧めてるんだから読んでみよう」と。

だから、行動を起こしてくれやすかったり、しっかりと読んでくれたりします。

応援はたた告知することじゃない

例えば、こんな紹介を目にしたりします

「○○さんが出版キャンペーンやってます! ⇒ こちら」

とか

「友達の○○さんが、セミナーやります〜 ⇒ こちら」

とか。

ダメじゃないんですけど、例えば僕の読者やFacebookで繋がっている人がこの投稿を見て、○○さんを知らなかったらクリックしたくなるでしょうか?

「内藤、なんか告知してるな。で、誰○○って?」と興味を示してくれません。

なぜなら、僕のブログ記事や投稿を見てくれるのは、僕の読者であり、僕と繋がっている友達だったりするからです。

これだと、読者や友達にも有益な情報ではありませんし、紹介する相手にとっても良くありません。
あなたのブログ記事や投稿を見てくれるのは、あなたの読者であり、あなたの友達です。あなたやあなたの発する情報に興味があるから見てくれるのです。

これを忘れてはいけません。ですから、イベントや誰かを紹介する時も、自分の読者にとって有益な情報を交えて紹介するのがよいです。

今回、沙璃さんが紹介してくれたのも、沙璃さんのメルマガ読者さんに有益な形で紹介をしてくれました。だから大勢の方が僕のメールセミナーに登録してくれているのです。

こうすることで読者にとっても得られることがありますし、クリックされて紹介した相手(僕)も喜んでくれます。
自分のテーマと絡めて書くことで、読者の信頼を乗せた状態で、さらに関心を高めて紹介先を見てもらうことができます。

これが応援です。

せっかく応援するならば、紹介先を沢山の方に関心を持って見てもらいたいですよね。

紹介や応援をするときには、『ブログで自分のテーマに絡めて、自分の読者に有益な情報を交えて紹介する』を意識してやってみましょう

紹介していただけると、とてもうれしい^^

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

<無料メールセミナー>

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!