メルマガ読者の増やし方。最も増える方法は紹介されること。

内藤です。

リリースして1週間になりますが、登録してダウンロードしてくださった方が800名を超えました。(名前を適当に入れている方は削除しています)

→ 個人ビジネスのためのWEB集客の教科書

本当にありがとうございます!
個人がますます活躍できる時代ですから、基本を学んで欲しいなと思いまして、無料で読めるようにしています。

ただ登録してくださる方が多いのは僕の力だけではなく、紹介してくださる方がいるから。

こんな風にFacebookでも紹介してくださる方がいるからこそです。

他にも紹介したよ〜って方は教えてくださいね^^
見逃している可能性もあるので。

紹介は大きな信頼をのせた応援

ブログやFacebook、メルマガなどで、誰のブログ等を紹介することってありますよね。もしくは、紹介をお願いされることも。

「紹介する」って、「応援する」ってことでもありますから、自分が応援される人でありたいなら、まずは自ら応援したらいいと僕は思っています。
ただし、誰でも彼でも無闇に紹介するのではなく、「ちゃんと応援したいか?」「見返りを期待して応援していないか?」を自問した上でやらないといけません。

紹介のリンクからやってくる人は、紹介してくれた人の信頼をのっけてやってきます。
「この人が勧めてるんだから読んでみよう」と。

だから、行動を起こしてくれやすかったり、しっかりと読んでくれたりします。

今回紹介してくださった方も、やっぱり応援される人ばかりなんですよね。

応援はただ告知することじゃない

例えば、こんな紹介を目にしたりします

「○○さんが出版キャンペーンやってます! ⇒ こちら」

とか

「友達の○○さんが、セミナーやります〜 ⇒ こちら」

とか。

ダメじゃないんですけど、例えば僕の読者やFacebookで繋がっている人がこの投稿を見て、○○さんを知らなかったらクリックしたくなるでしょうか?

「内藤、なんか告知してるな。で、誰○○って?」と興味を示してくれません。

なぜなら、僕のブログ記事や投稿を見てくれるのは、僕の読者であり、僕と繋がっている友達だったりするからです。

これだと、読者や友達にも有益な情報ではありませんし、紹介する相手にとっても良くありません。
あなたのブログ記事や投稿を見てくれるのは、あなたの読者であり、あなたの友達です。
あなたやあなたの発する情報に興味があるから見てくれるのです。

これを忘れてはいけません。
ですから、イベントや誰かを紹介する時は、自分の読者にとって有益な情報を交えて紹介するといいですよ〜。