お金はないと思うからない。あると知るとある

内藤です

昨日はこのおふたりの話を聞くために長野へ。

左が立花岳志さん、右が牧野内大史さん。

立花さんは、『No Second Life』という超人気ブログをされています。

職業もプロブロガー!

⇒ No Second Life

立花さんとは、飲みの席で何度かご一緒させていただいています。

牧野内さんは、今回初めてお会いしましたが、以前ブログで『The Shift』というDVDを紹介されていて見るキッカケになりました。

牧野内さんのブログ 
⇒ パーソナルパワー (牧野内大史の公式ウェブサイト)

この The ShiftというDVDが凄く良くて、お気に入りです。

ザ・シフト [DVD]

著者でもある二人の共通点は、自分のハートに素直だということ。

昨日のトークライブのテーマも『~本来の自分を自由自在に生きるとは~』ということでした。

本当に聞きたいことなら、場所は関係ないですね。
自分が行けば良いだけですから。

「自然体で自分らしく」と言っている僕にとって凄くひかれたテーマでしたので、他に用事はありませんでしたが、久しぶりの新幹線でこのイベントの為にいきました。

お二人とも肩に力が入っていなくて、凄く自然な感じで、でも話している内容は濃くて、聞くことができて満足しています。

・起きてしまった出来事の捉え方
・ステージを変える自己と向き合きあい方
・お金の循環

など、考えが僕も似ていて、これからのセミナー等でも生かせることでした。

なかでも牧野内さんが話されたホームレスの話が印象的でした。

牧野内さんは、住所不定、一文無し状態も経験されていて(笑)、その時に会ったホームレスの人がこんなようなことを言ったそうなんです。

世界は自分の家だ
公園は寝床で、スーパーは冷蔵庫だ

だから、俺には全てある
ないものはない

この感覚ってすごく大事だと思うのです。

「ある」に目を向けずに、「ない」ものにフォーカスしてしまう人って多いです。

立花さんも財布の中のお金のことを話されていましたが、

「財布にあと○○円しかない」ってみるのか、ただ「○○円ある」って見れるのか

これって大きいです。

「あとこれだけしかない」 って、「ない」と捉えてしまうと「ない」んです。

でも、視点を高めて、財布に○○円あって、さらに世の中にはお金が沢山あって、それがぐるぐる回ってる。だからお金はあるって知ると、「ある」んです。

循環が意識できれば、ないことの怖さってないです。 
あるってわかります。

立花さん、牧野内さん、ありがとうございました!

「ない」と「ある」

どちらにフォーカスしますか?

自然体で自分らしくビジネスをするメールセミナー

自然体で自分らしくビジネスをするための、5日間メールセミナーを用意いたしました!

さらに、図解で分かりやすい「自然体で自分らしくファンを作るメディア構築」無料ebook(42ページ)もおつけいたします。