Facebookの「親しい友達」と「トップに表示」の違い

先日書いたFacebookの「トップに表示」について。
とても便利な機能で、沢山シェアもしていただきました。

⇒ Facebookで好きな人の投稿を見逃さないためのニュースフィードのトップに表示する設定方法

それとは別で、Facebookには友達のリストで「親しい友達」があります。親しい友達にしておくと、表示回数が増えます。

親しい友達にするには、「友達」のところから「親しい友達」を選ぶだけ

親しい友達になるとパソコンから見た場合★マークになります

スマホでは「友達」から
(スマホの場合、トップに表示が★マーク…ややこしい。。)

友達リストを編集

親しい友達を選びます。

これで親しい友達になって表示回数が増えます。

では、「親しい友達」と「トップに表示」の違いはなんでしょうか

「親しい友達」と「トップに表示」の違い

Facebookによると

トップに表示するものと、親しい友達とは異なります。トップに表示するよう選択した利用者やページからは、投稿のお知らせは送られてきません。ただし、親しい友達として利用者を選択すると、トップに表示とは違い、あなたにその投稿のお知らせが送られます。

またトップに表示には上限があります

注: トップに表示する利用者やページは最大で30件選択できます。選択されたものに優先順位はありません(最初に選択したものがトップに、次に選択したものが2番目に表示されるというわけではありません)。

トップに表示するとはどういう意味ですか。 | Facebookヘルプセンター

特徴を簡単にまとめるとこんな感じ。

親しい友達 トップに表示
表示ニュースフィードの表示回数が増えるニュースフィードのトップに表示される
投稿のお知らせ届く届かない
上限友達の数だけ30件

どちらを設定したらいいのか?

似たような機能ですが、微妙に違います。

では、どちらの設定をしたらいいのでしょうか?

・投稿があったことをお知らせで届けて欲しい場合は「親しい友達」
・お知らせはいらないけど、ニュースフィードで投稿を見逃したくない場合は「トップに表示」

というような分け方もできるかと思います。

僕の場合はあまりお知らせされるよりも、ニュースフィードに出てくれればいいと思っています。人それぞれでしょうね。

もちろん、「親しい友達」にしつつ、「トップに表示」にしておけば、ニュースフィードのトップに表示されてお知らせも届くようになります。

「親しい友達」は属性でもある

「親しい友達」は表示回数が増えるだけではなく、属性の「リスト」でもあります。

投稿の公開範囲として「親しい友達」だけに投稿もできます。
逆に、「親しい友達」以外の友達に投稿することもできます

詳しい設定はこちら
Facebookをプライベートでも仕事でも上手に使う投稿の公開先設定

投稿の公開先まで考えて「親しい友達」、「トップに表示」を設定しましょー

web集客の教科書

個人でビジネスをしている方向けに、SNS、ブログ、メルマガを組み合わせたWeb集客法をまとめています。

・売り込まずに喜んで買ってもらえる仕組み作り
・資産型ブログの作り方
・「あなたから欲しい」と言ってもらえるファンの作り方

など、101ページ(PDF)にわたって解説しています。