Facebook広告を使う場合でも「信頼」が大切

内藤勲です

Facebook広告を使うと、ホームページやLP(商品の販売ページなど)に誘導する投稿をFacebookニュースフィードに流すことができます。

どんな人のニュースフィードに流すか、年齢、性別、居住地、興味など細かく設定することも可能です。

つまり、無駄なく、見せたい人に好きな期間、自動的に流れるようにできるわけです。

ですから、Facebook広告を使う人や企業がどんどん増えていますよね。

でも最近、ニュースフィードに流れる投稿のタイトルや文章が、いわゆる「釣り」になっている広告が目立ちます。

どういうことかというと、ニュースフィードに流れる広告の投稿の文章と、クリックした先のページの内容がまるで違っていたりするのです。

確かに目を引くタイトルや導入の文章を書くとクリックされて、リンクしたサイトやLPにアクセスが流れます。

でも、期待したのと全然異なる内容だったらどうでしょうか?

ガッカリしてすぐに閉じてしまったり、不信感をいだきます。

同じ投稿が流れて来ても、もうクリックしなくなってしまいますし、場合によっては「広告を表示しない」を押される可能性もあります

Facebookは非表示にする理由も聞いて、アルゴリズム(表示のルール)に反映させます

せっかく広告をかけても、こういった通報が多ければ、広告が停止になったり、表示回数が減ったりしてしまうことになります。

「ただアクセスが増えればいい」ということではなく、やはり読者の関心、信頼を高める繋ぎ方でなければ、成約にも至りません。

広告を使う場合でも、信頼は大事ですね

Facebookとブログを使ったファンの作り方&事例集

Facebookとブログで、ファン作りがうまく行っている事例集とメディアの構築法をプレゼントいたします

募集中のセミナー

■ネットでファン塾 4期募集中
WordPressとSNSで、「あなたから欲しい」といわれるメディア構築講座
詳しくはこちらから

■1/21 金沢
自然体で楽しみながらブログやfacebookで発信するセミナー

■3/18 名古屋セミナー


内藤勲のプロフィールはこちら

Facebookとブログを使ったファンの作り方&事例集

 

TwitterやFacebookでも発信しています