Facebookの投稿は道路にある看板のようなもの。気付かせる投稿で潜在ニーズを掘り起こす

内藤勲です

ネットで売れない一番の原因は

「知られていない」

もうこれ何度も書いてます

⇒ ネットで売れない原因の一番

だからまずは、知ってもらわなければいけません。

Facebookでは探してない

でも、だからと言って、いきなり売り込むと嫌がられます。

だってFacebookを使うときは、何か悩みごとを解消しようとしてたり、商品を探している状態ではないから。

問題を解決しようとか、商品を探すなら、GoogleやYahoo、アマゾン、楽天を使います。

まずは、

・日頃の発信で欲しいということに気づいてもらう(潜在ニーズ)
・自分に関心を持ってもらう

ということが大事です

で、Facebookで繋がりが多くても、薄い繋がりだと反応は起きません。
友達5000人いても、おはようおじさんだらけなら意味がありません(笑)

闇雲に増やすのではなく、自分の投稿にいいねを押してくれるような人と繋がっていくことが効果的です

ファンになる投稿

毎回でなくてもいいですが、メッセージ性の強い投稿をすることで、一気に関心を高めたり、ファンになってもらえます。

いいねを押してくれたり、ファンになってもらうために意識したい投稿は次のこと

・強い想いを持って書く
・説明ではなく、伝える
・長くならないようシンプルに
・自分の理念や提示したい理想の世界に通じている
・いち個人に向ける
・1投稿1メッセージ
・書いた投稿を信頼する(いいねがつくかどうかを気にしない)

あとは、完璧を目指さないということも大事ですね

Facebookは看板

Facebookの投稿は、道路を車で走っていて見かける看板のようなものです。

city-692037_640

何度も見ている内に気になって、だんだん欲しくなる(欲しい事に気が付く)

だから、いきなり売るのではなく、メリットや雰囲気、楽しさ、問いかけ、提案となる投稿をして、欲しいってことに気付いてもらうのです。

僕は大曲の花火が変態級に好きです。

そのことをFacebookでもよくつぶやきます。

花火の様子だけではなく、始まる何日も前から「あと200日!」とか(笑)、アツく何度も語ります。

すると、

「内藤さんの投稿見て大曲行きたくなりました!」
「今年行くことにしました!」
「来年は絶対に行きます!」

のような関心の高いメッセージやコメントがきます^^  
シメシメ(笑)

結構僕の投稿見て実際に行く方います。

僕は一度きりじゃなくて、何度もアツく投稿します
だから、大曲が気になって関心が湧くひとがいるのです。

これが僕がたった1度だけ大曲の花火について、淡々と説明していたらこうはなりません。

自分が一番、自分の商品サービスを好きなはずです。
良さもよく知っているはずです。

自分の商品、サービスについて、アツく語っていますか?

いきなり売るんじゃなくて看板沢山たてましょう
トライ&エラーで、アウトプットしなければ何も起きません。

情報にも鮮度があります

楽しみながら、どんどんアウトプットしましょう!

10/18のセミナーも残り席もわずかです〜

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる