Facebookやブログの文章に自分らしさを感じてもらうための「人気(ひとけ)」

内藤です

人気のあるブログやFacebookで人気のある人って、文章にその人らしさが出てますよね。

聞いた話をそのまま書いてるのとは違います。
自分の言葉に変えて発信しています。

人気のあるメディアほど、人気(ひとけ)があります

企業のホームページやFacebookページにある文章って、誰が書いてるのか分かりません。
つまり人気(ひとけ)がないです

投稿に人気(ひとけ)を出すには

これだけ情報が溢れかえってる今、ますます人気(ひとけ)を出すことが非常に大事だと思ってます。

人気を出すには、いろいろあると思うのですが、例えばこんなことで出すことができます

・名乗る
・経験話や自分のエピソードを語る
・人が写った写真を載せる
・語り口調にする

など

ブログやFacebookページで名乗る

僕は敢えてブログやFacebookページでは名乗るようにしています

ブログやFacebookページ、あるいはホームページって、どうしても顔や人が見えにくくなります。

そうすると、凄く固い印象になります。

それが名乗るだけで「人」がやっている印象になるんです。
それに「○○をやってる誰々さん」と覚えてもらえます。

※Facebookの個人ページは個人名と一緒に投稿が流れるので、名乗らなくてOK

経験話や自分のエピソードを語る

ノウハウや使い方など何かを説明すると、人が出にくくなり固くなります。

単に説明するだけではなく、経験話やエピソードを絡めて書くと「人」が見えてきます

それに例え話があったほうが、より伝わります

人が写った写真を載せる

人が写っている写真を載せれば、当然人気(ひとけ)はでます。当たり前と言えば当たり前^^;

僕の実験では、Facebookの個人ページやFacebookページでの投稿は人が写っている写真の方がリーチが多かったり、いいねの数が多いです

ひとりにむけて語り口調にする

誰に向けるかを決め、語りかけるように書くと、固さがなくなります。
そして、ありありと「人」が感じられます。

語り書ける時って、「〜だよね」のような口語調になりやすいです。顔文字使うのもそうですね。

これが本となると向いてないかもしれませんが、ブログやFacebookでは全然OK
ひとりの人に、自分の「人」を出して語りかけるといいです

人気(ひとけ)出してみましょう^^

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!
ブログ更新をメールで受け取る