SNSで読むと欲しくなってしまう問いかけの仕方

今日はFacebookやツイッター、Instagramを何回開きましたか?

いいね!は、何回つけましたか?

cell-phone-1245663_640

さて、今、「何回開いたっけ?」と考えませんでしたか?

僕は別に何回開いたか回数を知りたかったわけではなく(笑)

問いかけると人は強制的に考えてしまうっていうことを、実感してもらいたかったのです(ゴメンナサイ)

問いかけには、それだけ強いパワーがあります。

文書を読んでいても、問いかけがあると、「はて?」と、“読む”から”考える”に切り替わります。

本人が気づいていない潜在的な問題や欲求

自分の商品サービスを、表面的に現れているニーズに対して当てはめるのではなく、気づいていない潜在的な欲求に対して当てはめなければいけません。

特にFacebookなどのSNSでは。

検索でサイトを訪れる場合は、すでに探している状態です。
つまり、何が欲しいか、必要かに気づいています。

でも、SNSは何かを探す目的で使っていませんから、いきなり商品やサービスをボンと出しても、「欲しい!」とはなりません。

でも、問いかけることによって、本当は必要だったと気づかせてあげたり、欲しくさせることができます

そんな気づかせる問いかけは何か? を考えたいです。

例えば、自然療法。

「自然療法知りたくありませんか?」と、いきなりサービスを見せても、その必要さには気づきません。

前から学びたくて探していた人は飛びつくかもしれませんが、気づいていない人は大勢いきます。

scent-1431053_640

では、自然療法知りたくありませんか? をこんな風にしたらどうでしょう

「お子さんのお薬をへらしたくありませんか?」

自分にとって必要だと思える人が大勢出てきますよね。
つまり問いかけで、欲しいとか、必要だということに気がついたということです。

他にも例えば、ヨモギ蒸しなら、

「まだ毎月生理痛に悩んでますか?」 

などと問いかけをすると、自分ごととして考えます。

効果的な問いかけや提案

商品やサービスを、そのまんま出しても振り向いてもらえません。

なぜ必要なのかに気づく問いかけや提案が大事です

では、どんな風にして問いかけを考えるといいでしょう。

気づかせる問いかけを考えるときは、日常の場面を思い返すといいです。

・誰に向けるか?を特定の一個人を定める
・その人の日常の問題や欲求を抱えている場面を考える

こうすると問いかけや提案が考えやすくなります

「最近自分の時間取れたのいつですか?」
「部屋の掃除って週に何回必要だと思いますか?」
「最近笑ったのいつですか?」
「天然素材の服って何着持ってますか?」
「バッチテストの1級取りたくありませんか?」

などなど、誰に向けるのかと場面を考えると、いろいろ出てきますね

・向ける相手に特定の一個人を定める
・その人の日常の問題や欲求を抱えている場面を考える

を踏まえて、気づいてもらえる問いや提案を出してみましょう

こちらの問いかけでも、自分の価値に気がついてくださいね^^
→ ネットでファンを作る7つの質問

小さな会社・お店のためのワードプレス構築動画講座

ワードプレスを構築したい方へ!

ワードプレス構築動画講座の詳細はこちら

TwitterやFacebookでも発信しています

新・ネットでファンを作る7つの質問

事例から学ぶ!
自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問を用意しました

新・7つの質問に答えてファンを作る