ついつい読みたくなる文章の出だしの書き方

今日はFacebookやツイッター、Instagramを何回開きましたか?
いいね!は、何回つけましたか?

 
 
さて、今、「何回開いたっけ?」と考えませんでしたか?

僕は別に何回開いたか回数を知りたかったわけではなく(笑)

問いかけると、人は考えてしまうっていうことを、実感してもらいたかったのです。

問いかけには、それだけ強いパワーがあります。
文書の出だしでも、問いかけがあると、「はて?」と、のめり込むように読んでしまいます。

Facebookでは、本人が気づいていない潜在的な問題や欲求を引きだす

Facebookを使う時は、何かを探そうとか、買おうとか思っていません。

検索でサイトを訪れる場合は、すでに探している状態です。
つまり、何が欲しいか、必要かに気づいています。

でも、Facebookは何かを探す目的で使っていませんから、いきなり商品やサービスをボンと出しても、「欲しい!」とはなりません。

検索 → 顕在的(気がついている)ニーズ
SNS → 潜在的(気がついていない)ニーズ

こんな風なアプローチになります。

そこで、問いかけたり、問題提起することによって、本当は必要だったと気づかせてあげたり、欲しくさせることができます

どうしたら、自分のサービスを欲しいと思ってもらえるか?

欲しくない人、気づいていない人に商品、サービスを出せば出すほど嫌がられます。

だから、Facebookなどでは、気づかせる、関心をもってもらうということが必要になりますよね。

つまり、気づかせる問いかけは何か? を考えたいわけです。

例えば、自然療法。

「自然療法知りたくありませんか?」と、いきなりサービスを見せても、その必要さには気づきません。

前から学びたくて探していた人は飛びつくかもしれませんが、気づいていない人は大勢いきます。

scent-1431053_640

では、自然療法知りたくありませんか? をこんな風にしたらどうでしょう

「お子さんのお薬をへらしたくありませんか?」

私にとって必要だ!と思える人が大勢出てきますよね。

つまり問いかけで、欲しいとか、必要だということに気がついたということです。

他にも例えば、ヨモギ蒸しなら、

「まだ毎月生理痛に悩んでますか?」 

などと問いかけをすると、自分ごととして考えます。

気づいてもらえる効果的な問いかけや提案とは

商品やサービスを、そのまんま出しても振り向いてもらえません。
なぜ必要なのかに気づく問いかけや提案が大事です
では、どんな風にして問いかけを考えるといいでしょう。

気づかせる問いかけを考えるときは、日常の場面を思い返すといいです。

・誰に向けるか?を特定の一個人を定める
・その人の日常の問題や欲求を抱えている場面を考える

こうすると問いかけや提案が考えやすくなります

「最近自分の時間取れたのいつですか?」
「部屋の掃除って週に何回必要だと思いますか?」
「最近笑ったのいつですか?」
「天然素材の服って何着持ってますか?」
「いつもコブ斜面避けて滑ってませんか?」

などなど、誰に向けるのかと場面を考えると、いろいろ出てきますね

・向ける相手に特定の一個人を定める
・その人の日常の問題や欲求を抱えている場面を考える

を踏まえて、気づいてもらえる問いや提案を出してみましょう

「ファンが集まるメディア構築」プレゼント

ネットでのファン作りを解説したPDF「ファンが集まるメディア構築」をプレゼント!
ブログ更新をメールで受け取る