WordPressのお勧め無料テンプレート6点

このブログは、WordPressですが、僕はこれまで何度もテーマ(テンプレート)を変えています

WordPressでは、デザインテンプレートのことを「テーマ」といいます。
アメブロでも、「テーマ」ってありますが、アメブロでいうテーマはWordPressの場合「カテゴリ」と言います

テーマを変えるともちろんレイアウトや見栄えが変わりますが、それだけではなくSEOの影響もでます。

WordPressのテーマは、世界中で作られており無料のものもあれば、有料のものもあります。

僕はこれまで有料のものも何個も買って試していますが、お客様に勧めやすいように、自分で作ったり、無料のものも試しています

無料のものですと

・WordPressのデフォルトのテーマ
・bizvektor(ビズベクトル)
・stinger(スティンガー)
・Xeory(セオリー)
・Linghting(ライトニング)
・simplicity(シンプリシティ)

を使っています。

WordPressのデフォルトのテーマ

WordPress本体が提供している、デフォルトのテーマで2010年ころから毎年その年の新しいテーマが提供されています

今なら「Twenty Seventeen」

シンプルですが、機能的に欲しいものがないことが多いので、僕はあまり使っていません。

bizvektor(ビズベクトル)

企業用サイトに向いたテンプレートのビズベクトル

https://bizvektor.com/

トップページに、スライドショーや、ニュース一覧、商品のPRボックスがあったりと「企業のホームページ」のような形を作ることができます

管理画面上からベースのカラーも自由に変えることが可能です

stinger(スティンガー)

ブログでアフィリエイトをしている人にとっては超有名テンプレートのStinger

http://wp-fun.com/

特徴は、シンプルなのですが検索に強いということ。

現時点のStinger8は、拡張機能を大幅に減らして、非常にシンプルになっています

カスタマイズ用の「子テーマ」も用意されています

http://wp-fun.com/dl/

Stinger8の前のStinger Plusが非常にお勧めだったのですが、今は配布が終了し有料のテンプレート「AFFINGER4」に進化しています

https://on-store.net/af20161001/

Xeory(セオリー)

有名ブログ、バズ部が提供するう無料テンプレートです

https://xeory.jp/

こちらも非常にシンプルで、検索にも強いです。

すごく気に入っていたのですが、記事下の定型文挿入(CTA)の位置が気に入らず、変更しました^^;

Linghting(ライトニング)

ビズベクトルを提供する株式会社ベクトルの新しいテンプレート

https://lightning.nagoya/ja/

ビジネスサイトにもブログにも使え、スマホでも見やすいテンプレートになっています

カスタマイズ用の「子テーマ」も用意されています

https://lightning.nagoya/ja/setting/customize/child_theme

simplicity(シンプリシティ)

2017年2月現在使っているのがこちらのSimplicity

https://wp-simplicity.com/

カスタマイズして、デザインはXeory風にして使っています^^;

気に入っているのは、非常に検索に強いことと、定型文挿入位置を色々設定できる点、スマホで見た時のデザインも選べる点です

カスタマイズ用の「子テーマ」も用意されています

https://wp-simplicity.com/downloads/child-theme2/

実際に

・WordPressのデフォルトのテーマ
・bizvektor(ビズベクトル)
・stinger(スティンガー)
・Xeory(セオリー)
・Linghting(ライトニング)

と使ってきて、今はsimplicity(シンプリシティ)に落ち着いています

また違うテーマを試すかもしれませんが、simplicityにして1ヶ月で検索からのアクセスが150%〜200%ほどになったので、しばらくはこのままでいようと思います^^

自分にあったテーマを選んでみてくださいね

※カスタマイズする際には子テーマを使うようにしましょう。

小さな会社・お店のためのワードプレス構築動画講座

ワードプレスを構築したい方へ!

ワードプレス構築動画講座の詳細はこちら

TwitterやFacebookでも発信しています

新・ネットでファンを作る7つの質問

事例から学ぶ!
自然体で自分らしく、ネットでファンを作る7つの質問を用意しました

新・7つの質問に答えてファンを作る