ブログをはじめる時に大切にしたいこと。ブログが必要な理由。

内藤です

昨日は東京で、「ブログのはじめ方セミナー」でした。
ブログを活用していくなかで、どういう点に注意してはじめていったらいいかを伝えました。
ワークもやってもらい、ファンが生まれるブログに必要なことを考えてもらいました。

facebookをはじめとしたSNSは、今後ビジネスにおいても必須だと考えています。
でも、長い目で見た時にブログもやはり必須です。
facebookなどのSNSは、既に皆が集まっている場所で見てもらいます。
ブログは、自分の場所に来てもらい見てもらいます。

SNSは、目に触れられやすいですが、その分他の人の投稿も目にします。
ブログは、なかなか来てもらいにくいですが、来たら集中して読んでもらえます。
だから、「読みたい」という能動的な人が来てくれます。

ブログをやっていくうえで、まず最初にすべきことは、キレイなデザインを入れることでも、カスタマイズをすることでもありません。

どういう人に、
何を提供して、
どんな風に喜ばせられるか

これを明確にすることです。

商品やサービスは決まっていたとしても、それをどんな人に向けるのか、どんな変化を与えられるのか、これが不明確だと良さが伝わりません。

同じ商品・サービスでも、向ける相手が違うだけで価値が変わってしまいます。
そして、お客様は商品・サービスそのものが欲しいのではなく、その先で得られるものが欲しいのです。

炊飯ジャーそのものが欲しいのではなく、ふっくらおいしく炊き上がったご飯が食べたいのですよね?
ならば、見せるべきは、ふっくらおいしく炊き上がったご飯です。
ご飯を食べない人に買ってもらおうとするよりも、ご飯を食べたい人に向けたほうが喜ばれます。

自分の商品・サービスばかりを出していても、メリットは伝わりません。

この本質的なことを最初に設定してやるやらないで、進み具合も大きく変わってきます。
タイトルや、方向性も影響してきます。

以前、アメブロのカスタマイズをしていた頃、こんな相談をよくされました。

「業者に頼んで、ブログをきれいにデザインしてもらって満足していたけど、お客さんが全然来ないのです」

見るとたしかにキレイなブログに仕上がっています。
でも、どんな人に向けているのか、商品・サービスを利用したらどうなるのかが全く伝わらないものでした。

一方、デザインもオリジナルじゃないし、カスタマイズもしていないのに、大人気のブログもありました。
シンプルですが、どういう人に、何で、どんな風に喜ばせられるのかが、ブログを開いた時にもう分かるのです。

これが答えだと思うのです。

ビジネスって交換ですから、相手があってこそ成り立ちます。

どういう人に、
何を提供して、
どんな風に喜ばせられるか

いつも考えたいですね

しあわせのキッカケをネットから。
ありがとうございました


自然体な発信で「あなたから欲しい!」とファンになってもらえるマーケティング【ネットでファン】 内藤勲のプロフィールはこちら

募集中のセミナー

自然体な発信でファンを作るSNS活用セミナー
12/12 東京 サンクチュアリ出版

■ネットでファン塾 4期 まもなく募集開始
1月下旬からスタート
・WordPress作成
・Facebook、Twitter、Instagram活用
・会う前にファンになってもらえる発信
など

ネットでファンが生まれる8つの行動

TwitterやFacebookでも発信しています