SNSで発信していると、どんな人かが伝わり、どんなことをしてるか興味を持ってもらえる

昨年から毎月開催してきた「もっとファンを増やすメディア構築セミナー」が、東京開催は明日で終了となります。

前回鎌倉で開催しましたが、スキーのインストラクター時代に出会っていた横堀正幸さんが参加してくれました。
横堀さんは、夏場のトレーニング施設としてやっていた「ウォータージャンプ」の常連のお客様。

僕は当時ニックネームが「ウナちゃん」だったので、僕を見るなり「ウナちゃん!」と呼ばれました(笑)

6、7年ぶりの再会でしたが、お互い「変わらないね〜」と当時を懐かしみました。
僕も横堀さんも、職業も住む場所もガラリと変わりましたが、当時受けていた印象は変わらなかったです。

横堀さんは、いまストラクチュラル・インテグレーションという、体を整えるワークを名古屋でされています。

http://boririnhouse.com/

横堀さんは、やっていることも、住む場所も大きく変わった僕を、Facebookで見つけたそうです。

横堀さんのボディーワーク仲間がセミナーに参加されているのを見て、今回名古屋から鎌倉まで来てくださいました。

SNSの繋がりの威力を感じましたね。

横堀さんだけではなく、奥さんの友達も広島からセミナーを受けに来てくださいました。
それも、Facebookで奥さんを見つけて、僕を知ったという流れです。

こんな風にSNSからの繋がりで参加される方が非常に多くなっています。

今は検索するよりも、SNSを使っている時間の方が長くなっていいます。
ニュースもSNSで見るという人も多いです。

ますますビジネスでSNS活用が必要です。

SNSの利用目的は、いきなり売ることではなく、認知してもらい関心を持ってもらうことです。

知られないことには、どんなに良いものでも利用してもらえません。
だからと言って商品・サービスばかり出していたら、嫌われます。

だから、SNSの使い方ってバランスが大事です。

僕はセミナーで、商品・サービスを告知するのではなく

・どんな人かを知ってもらう投稿
・どんなことをしている人かを知ってもらう投稿

が必要だとよく言っています。

人に興味を持つと、「この人どんなことしてるんだろう」って興味が移行します。
そして、ブログやホームページを見に行きます。

その時って、既に自分という人を知って見てくれます。

検索からブログに辿り付く場合って、自分という人を知らずに来ます。
だからモノや値段を吟味されます。

SNSから訪れる場合は、人に興味を持っていますから「あなたから欲しい」になりやすいんです。

時間はかかりますが、ファン作りにSNSは本当に欠かせなくなっています。
だからこそ、認知を広げたいのです。

先日こんなブログ記事を書きました。

■Facebookのリーチ落ちていませんか?リーチを減らさないための投稿の注意点

Facebookのリーチ落ちていませんか?リーチを減らさないための投稿の注意点

SNSをやっていても、届く先が減ってしまっては認知度が落ちていきます。
落とすんじゃなくて、伸ばさないと。

一旦落ちると戻すのが大変になりますから。

どんな投稿が届きやすくて、どんな投稿が届きにくいかチェックしてみてくださいね

フォローしてね

TwitterやFacebookでも発信しています

LINE@で友達になる